カウンセリングメニュー

プラケーターの恋愛:慰め役に存在価値を見つけた悲しい恋愛の癖

プラケーターの恋愛①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)のタイプにプラケーターがいます。

プラケーターは慰め役の意味を表す言葉で、このタイプの女性は恋愛をこじらせがちです。

優しいはずのプラケーター女性は、どんな恋愛傾向や問題を抱えているのでしょう。

この記事で解決できるお悩み
  • プラケーターの恋愛の特徴
  • プラケーター女子の恋愛注意点

この記事を読むとプラケーターの女性が恋愛やパートナー選びで陥りやすい点がわかり、より良い恋愛に活かすことが出来ます。

プラケーターの恋愛の特徴

プラケーターの恋愛①

プラケーター(慰め役)の恋愛を表すのに一番の表現は「ダメ男に尽くす」につきます。

アダルトチルドレン(AC)の中でも、人一倍優しく、問題も起こさない良い子のプラケーターは、どうして「ダメ男に尽くす」ことが好きなのでしょう。

それは、アダルトチルドレン特有の機能不全家族の問題が原因にあります。

両親の行動が子どもの性格に影響して、プラケーター女子の性質を人の感情を察して慰めを優先にする傾向にしてしまったからです。

あなたがもしもプラケーターなら、その性格や行動パターンを理解することで、パートナー選びや結婚に対してより良い人生を選択できる可能性が広がります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:プラケーターとは?

アダルトチルドレンのプラケーターとは?

アダルトチルドレン(AC)のプラケーターとは、機能不全家族の他のメンバーの暗い表情をいち早く察して、何よりも他人を優先し、いつもいつも慰めケアするカウンセラーのような子どもです。

主に機能不全家族の母親を慰める娘という位置が多いのが特徴です。

気持ちに寄り添い、いつもいつも優しくなだめるおとなしい子です。

プラケーターとは「慰める人」「なだめ役」という言葉の意味です。

アメリカのセラピスト、ウェイン・クリッツバーグアダルトチルドレンのタイプを6つに分けたうちの1つになります。

このブログでは8タイプご紹介しています。

アダルトチルドレンタイプ

イネイブラーケアテイカー(リトルナース)は行動で世話を焼いたり支える役割ですが、プラケーターは気持ちに寄り添い感情を支える役割という違いが特徴です。

ただ、役割は要素であるため、入り混じることは多々あります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

母親の感情を慰めて世話するプラケーター娘

アダルトチルドレンのプラケーターの娘は、家族の感情・情緒を慰めることが存在価値であり役割になっています。

子供でありながら、家庭内で周りの家族の誰かが落ち込んだり怒っていれば、敏感に反応して慰めや世話に励みます。

プラケーターの人間関係で特に多いパターンが母娘の親子関係だと言われています。

母親の気持ちにそっと寄り添うことで感謝されて、「ありがとうね」「あなたが居ていくれて良かったわ」という言葉とともに、娘は自分が必要とされ愛情を感じ幸せを感じます。

プラケーターの娘は、特に問題は起こさず慰め役になり、小さなカウンセラーと呼ばれるほど相手の心と感情に寄り添います。

落ち込む母親の陰にダメな父親あり

アダルトチルドレンの家庭で落ち込む母親の陰にはダメな父親がいます。

これも世代間連鎖と呼べますが、母親がダメな父親を選ぶ共依存者の可能性はとても高いのです。

父のダメっぷりを見ながら、落ち込む母を慰める娘には男性の原型が父になります。

幼少期は周囲と比べませんからその父が普通ですし愛情もあります。

この「男性の原型」が、プラケーターのダメ男を呼び寄せる無意識の元になっているのです。

こちらもお読みください。→共依存とは?

自分の結婚や恋愛に支障をきたし遅らせる母娘関係

プラケーターの娘のやりがいは、母親を慰めることです。

そのため、プラケータータイプのアダルトチルドレンは、婚期が遅れるほど家族に時間を割きます

その上、男の原型がダメな父親なので、余計に理想の男性像のレベルを低くしがちです。

つまり、簡単に言うと男性に対する免疫が普通よりも「ない」のです。

そのせいで悪い男に引っかかったり、うわべに騙されたり、都合の良い人間扱いされます。

いつも見ているものが無意識に影響することの良い例です。

プラケーター女子は男を見抜くことが苦手だと言えます。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン(AC)の共依存の親子関係とは?

ダメな父親を見て、ダメ男を引き寄せる共依存恋愛

いつも見ているものは無意識に刷り込まれてしまうために、頭では避けたくても「慣れ」や「親しみ」がわいてしまいます。

アルコール依存症の親の家庭には、お酒がいつもあるために、子どもがアルコール依存症になる確率がとても高いのです。

同じくいつも見ている父親が「ダメな人」とは意識でわかっていても「親しみ」がわきます。

この親しみもあり、プラケーターの娘の優しさもあり、ダメ男を支えてあげようという心理が働いてしまうのです。

この結果として、母親と父親のパターンと同じように共依存恋愛を成立させてしまいます。

他にも参考にしたい例として、ストックホルム症候群があります。

かつて、ストックホルムという場所で銀行強盗が人質を取り立てこもりました。

その後、驚いたことに犯人と人質の女性の一人が結婚することにまでなったのです。

人は極限状態において、恐怖と生存本能から自分自身を騙してマインドコントロールすることがあります。

監禁された女性は、恐怖のあまりに犯人に恋をしてしまったのです。

こちらもお読みください。→毒親育ちの男性の特徴

慰め自体が生きがいのプラケーター恋愛

アダルトチルドレンのプラケーターは慰め役が生きがいになっています。

慰めるためには、一人立ちして自立したしっかり者の男性では不可能ですね。

ですから、必然的に「ダメ男」にしか反応しなくなっています。

自分の母親や父親の怒りや落ち込みに敏感な性質が、大人になっても残り、慰めずにはいられないのです。

何度も何度も繰り返し親を慰めて、その後感謝をされていますので、慰め自体がないと困るのです。

言い方は悪いですが、慰めたいからダメな男を選んでいるとも言えるでしょう。

ただ、無意識で選んでいる可能性が高いので、自分自身では気が付いていないかもしれません。

プラケーターのように感情に敏感なタイプにピエロ(クラウン、マスコット)がいます。

ピエロ(クラウン、マスコット)はプラケーターの派生形と言われます。

ピエロ(クラウン、マスコット)の詳細はこちらです。→ACピエロ(クラウン、マスコット)の恋愛

慰め以上はしないプラケーター恋愛

慰めることが生きがいのプラケーター女子は、「ダメ男」にしっかりしてもらいたいわけではありません。

なぜなら、しっかりしてしまったら興味を失いますし、そもそも生きがいがなくなります。

ですから、いつまでも「ダメ」であって欲しいのです。

しっかりするのは困りますが、怒ったり落ち込んだりはしてほしいのです。

自分の境遇に落ち込んだり、他人のせいにして怒ったり、そんな「ダメ男」をプラケーターは生かさず殺さず愛するのです。

そうは思っていなくても、慰めを優先してしまいすぎるために、問題解決をしないタイプではあります。

もしも、男性がしっかりしようものなら、おそらく興味をすっかり失い、次の「ダメ男」を探しに行きます。

依存心が強い恋愛関係

依存心が強いというと、強いものに惹かれると思いがちですが、プラケーター女子は弱い者にも惹かれます。

弱いものを必死にお世話するのは共依存です。

そして、「この人には私しかいない」という思い込みが強烈に生まれます。

アダルトチルドレンで多いのが、対等の立場の恋愛が苦手というものです。

両親を身近でモデルにしてきたために、どちらかが支配して、どちらかが服従するという図式になれています。

これは力関係のことなので、必ずしも暴力や虐待でなくても、必死になだめる母親となだめられる父親の図式でも同じです。

つまり、プラケーター女子は自分自身の立場が、上か下になることに慣れているのです。

アダルトチルドレンでは友人関係でも対等な関係が苦手という人は多くいます。

こちらもお読みください。→共依存恋愛チェック

自分に自信がないからダメ男恋愛を選ぶ

プラケーター女子は自己肯定感が低く、自分に自信がありません。

自分に自信がない人は、自分の価値を下げるので、それに見合った相手を選ぼうとしてしまいます。

そのため、「ダメ男」を選んでしまい、心のどこかで安心するのです。

相手が格下であることに安心して、相手を慰め続けて自己を充足するのですが、自信の積み上げにはなりません。

ですから、何度でも「ダメ男」を選んでは、行き詰って別れてを繰り返してしまうのです。

恋愛だと勘違いされやすい体質

プラケーター女子は男性に勘違いされまくります。

非常に優しいプラケーター女子は、怒っている人や落ち込んでいる相手を慰めずにはいられません。

それが仮になんとも思っていない男性であっても、「慰めたい!」欲望が勝ってしまい、慰めるのです。

また、アダルトチルドレンに多いですが、プラケーター女子も距離感が苦手です。

慰めることに必死になりすぎて、知らないうちに距離を詰めてしまい、心理的にもぐいぐい入り込みます。

慰めてもらっている相手からしたら、「好意?」と勘違いされてもおかしくないのがプラケーター女子の関わり方です。

結果として、男性側が勘違いすることも多く、周囲の女性からも冷ややかな目で見られがちなので注意が必要です。

ただ、プラケーター女子は、慰めが生きがいなので、そんなことを指摘されてもお構いなしに慰めます。

そのため、勘違いされたまま関係が続くことも多いようです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンの恋愛問題

アダルトチルドレンの恋愛問題:タイプ別

アダルトチルドレンのタイプをこのブログでは8タイプでご紹介しています。

それぞれのアダルトチルドレンタイプ別恋愛をご覧ください。

アダルトチルドレンタイプ

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

プラケーター女子が恋愛パターンを変えるには?

いい加減ダメ男から卒業したい!という女性は多いです。

その場合は幼少期のトラウマや、価値観を作っている両親との過去の出来事をクリアーにする必要があります。

恋愛に響いているパターンは結構早く解決します。

あなたの恋愛を世代間連鎖から解き放って、穏やかな愛情と人生の道へ進みましょう。

NLP(神経言語プログラミング)では、トラウマなどなかなか解消しにくいと思われる経験も速やかに解消できます。

短期療法のNLPカウンセリングはこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。


家族・友達・サポートランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA