カウンセリングメニュー

ACスケープゴートの克服:毒親から虐待を受けたトラウマの問題を克服

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)のスケープゴートタイプの克服する問題は過去の幼少期のトラウマ経験です。

スケープゴートの行動化(非行など)や身体化(自傷行為、身体的弱者)、関わりの問題(いじめられる)などもトラウマを解消することで克服することができます。

この記事で解決できるお悩み
  • アダルトチルドレン:スケープゴートの克服
  • アダルトチルドレン:スケープゴートを克服する具体的な方法:インナーチャイルドの癒し
  • アダルトチルドレン:スケープゴートを克服する方法:NLPカウンセリング

この記事ではアダルトチルドレンのスケープゴートを克服するのに必要な知識と、克服すべき問題のトラウマ経験、そして克服方法がわかります。

ACスケープゴートの克服

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服①

アダルトチルドレン(AC)のスケープゴートの克服は様々な心理課題に派生している元となるトラウマの解消が一番に必要です。

他のアダルトチルドレンのタイプも同様ですが、機能不全家族の中で親子間の虐待や暴力、精神的暴力、否定、性的虐待、両親の喧嘩や不和などのトラウマが原因で心理的な課題が起きています。

特にピエロタイプも、見た目と違ってとてもトラウマに傷ついているために、スケープゴートと同じくトラウマを解消することが大切です。

NLPカウンセリングはトラウマの解消が出来ます。

スケープゴートタイプは生贄、身代わり、犠牲者の役割を意味する言葉です。

スケープゴートの子どもは親から何の落ち度もなく罪を着せられたり、責任を負わされたり、悪者にされてきました。

子どもが厄介者や問題児の役割を引き受けることで、機能不全家族がぎりぎり崩壊を免れているというメリットがあります。

つまりは、スケープゴートは悪者になり、自分に注意を引き付けて、家族の本当の問題をうやむやにして隠しているわけです。

スケープゴートは、家庭や両親という本来は安心感を感じるべき場所や存在から、踏みにじられてきたトラウマが大きく、傷ついた心の問題は非常に大きいです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレン:スケープゴートとは?

アダルトチルドレン(AC)のスケープゴート(生贄)とは、機能不全家族のメンバーから、例え何の落ち度がなくても罪を着させられたり、責められたり、悪者にされたりするような存在です。

他の家族の感情を吐き捨てる「感情のゴミ箱」のような役割をします。

スケープゴートの言葉の意味は「贖罪のヤギ」で、アダルトチルドレンの中では「身代わり」「生贄」の意味を持っています。

スケープゴートはアメリカのセラピスト、ウェイン・クリッツバーグアダルトチルドレンのタイプを6つに分けたうちの1つの分類です。

このブログでは8タイプご紹介しています。

アダルトチルドレンタイプ

これらの分類や役割は要素であるため、入り混じることは多々あります。

かにまろ

かにまろ

贖罪の意味は「犠牲や代償をささげて罪をあがなうこと」です。犠牲は子ども、罪をあがなっているのは親という理解です。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

トラウマの克服

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題はトラウマの克服です。

大げさではなく過去の経験のトラウマが解消されれば、これから下に記す問題のほとんどは解消されます。

「両親」「家庭」という、本来安心感を育み人間関係や心の土台を作るべき場所で、真逆の不安や緊張、不信感や猜疑心、自己否定感などを植え付けられてしまったのです。

トラウマは人の認知を歪ませるきっかけになり、脳は危険を避けたいために「過度の一般化」という処理をおこない自分を守ろうとします。

両親が「人間関係」「恋愛」「夫婦」「異性」などの原型となり、苦手や恐怖が植え付けられているクライエント様はとても多いです。

両親というトラウマが派生して、「脳が謝った学習」をすることで様々な苦しみが生まれているのです。

他にもトラウマは人生に大きな悪い影響を及ぼします。

トラウマのある人は、緊張や不安が高く警戒心が強くなり、いつもサイレンがなっているような状態です。

このような状態ですと、普通の状態だとスルー出来る出来事が、怖い経験になったり、過剰に気になったりということが増えていきます。

恐怖症などの症状がそれです。

トラウマ経験のある人が、外出恐怖になったり対人恐怖、強迫性障害などになったり、うつ病になるのは、緊張や不安のベースが通常より高いからです。

そして、いつもサイレンが鳴っている状態では、心が休まらず、免疫系などにも影響があり、病気になりやすいということがあげられます。

ですから、逆にスケープゴートがトラウマを解消できると、様々な面で元気になることが出来ます。

こちらもお読みください。→機能不全家族とは?

自己否定感

アダルトチルドレンのスケープゴートの問題に自己否定感があります。

自己否定とは、自分に対してダメ出しをしたり、自分はどうせ~という価値の低いレッテルを貼ってしまうことです。

自己否定感の例
  • 自分はどうせ大切にされない
  • 自分はどうせ存在価値がない
  • 自分はどうせいらない子だ
  • 自分はどうせ捨てられる
  • 自分はどうせつまらない人間だ
  • 自分はどうせいなくても構わない

このような考えに囚われていると、そちらに目が行きやすくなり、そのように思える場面に何度も出会ってしまいます。

そして、「またこんな目に会うのか」と何度も繰り返しに会うのです。

これらも機能不全家族内で両親からひどい扱いを受けたトラウマによるもので、大切にされた経験がないことから来る苦しみです。

これらも暴言を吐かれたり、暴力を振るわれたり、虐待を受けたりしたトラウマを解消することで徐々に解消していきます。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:スケープゴートとは?

自暴自棄

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題に自暴自棄があります。

先ほどの自己否定感とつながりますが、なげやりな価値観を抱いていると、行動面でもなげやりな行動や危険な行動を起こしやすいのです。

子どもの非行などがそうですし、子どもたちが大人の姿を見てアルコールや薬物に手を出しやすくなるのもスケープゴートの特徴です。

結果として依存症になり、世代間連鎖を起こし、自分の子どももアダルトチルドレンになってしまうということも起きやすいです。

これら自暴自棄になることも、大切にされなかったというトラウマから来るものです。

子どもの時に大切にされなかったという経験は、大人になってもそれぐらい大きな影響をもっているのです。

自暴自棄な感情もトラウマを癒して解消していくことで、健全な感情が回復されて自分を大事にすることが出来るようになります。

見捨てられ不安

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題に見捨てられ不安があります。

スケープゴートは親から情緒的に捨てられているという感覚を非常に強く持っています。

この感覚が人間関係や恋愛関係において、時に強く「捨てられるのでは?」という不安感になり、衝動に駆り立てることがあります。

見捨てられ不安と言いますが、この感情は強く、子どもが泣いて親を求めているレベルで心が揺れます。

子供にとって親がいなくなるということは、人生や世界の崩壊、終わりを告げられるレベルのショックです。

この見捨てられ不安も、親から真っすぐに無条件に愛されなかったという経験や、トラウマの経験から生まれるものです。

見捨てられ不安があると、恋愛や人間関係でもしがみつきが起きてしまい、不健全な関係になりやすいです。

また、逆に「捨てられるくらいなら捨てる」という行動に出て、人間関係が安定しないという面もあります。

トラウマを解消することで、見捨てられ不安も解消でき、恋愛や人間関係を壊すようなこともしなくなります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:スケープゴートの恋愛

試し行動

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題に試し行動があります。

試し行動とは虐待やネグレクト(育児放棄)された子供に多く、保護者や養育者を見ながら、ダメだと言われる行動や言動を繰り返して困らせる行動です。

この行動には実は「愛情の確認」が含まれていて「こんなことをしても愛している?」というメッセージです。

スケープゴートの場合は、成人して大人になってもこのような行動に出ることが多いです。

特に身近な人間関係、例えば恋人や夫婦間で試し行動が起きる場合が多いです。

このようなわざと困らせるような行動とることで、愛情確認をするわけですが、大人になっても繰り返されるとお互いが疲弊してしまいます。

試し行動もトラウマを解消することでなくなり、穏やかな人間関係を育むことが出来ます。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンの恋愛問題

反抗心

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題に反抗心があります。

スケープゴートは父親に虐待を受けた結果、「権威」に対して反発するという傾向があります。

カウンセリングに来るクライエント様でも、父親のトラウマがある人は、威圧的な人や、単に声が大きな男性などを怖がるという傾向が多々あります。

すると、会社で仕事をしていても、なぜか大きな声の上司にひどく嫌悪感を覚えるということがあります。

こちらが嫌悪感を覚えるということは、相手にも何か無意識で伝わっていることが多く、関係性自体が悪くなるということも多いのです。

これもトラウマによって、脳が過度な一般化をしたおかげで、父親を連想するタイプの男性をひとまとめに捉えた結果、条件反射的に嫌悪感が生まれているのです。

このようなパターンもトラウマを解消することで、反抗心に苦しんで人間関係を破綻することがなくなります。

毒親の父親の詳細はこちらです。→毒親の父親の特徴

信頼できる人間関係

アダルトチルドレンのスケープゴートの克服する問題に信頼できる人間関係の構築があげられます。

スケープゴートタイプの親に対するトラウマは、人に対する恐怖や不信、猜疑心を植え付けています。

ですから、人を信用、信頼できないという人が多いです。

また信用できない人に出会うことも多く、騙されて犯罪に巻き込まれやすいという性質も持ちます。

これらも無意識に親のようなタイプを見つけて捕まえて、そして裏切られるというパターンの繰り返しです。

人は嫌でも「感情の強い出来事を繰り返したい」という無意識の反応が起きます。

例えばですが、アメリカでは戦場で戦った兵士が戦場に戻りたくなるというケースがあります。

せっかく穏やかな日常に帰ってきたのに、穏やかさに違和感を感じ、パニックを起こしながらも戦場に帰りたいと思う人がいるのです。

トラウマは、なぜか同じようなトラウマ体験を無意識に感じたいと引きずるようです。

ですから、穏やかな人間関係を作りたいなら、両親とのトラウマを解消することがとても大切です。

自分に優しくする

アダルトチルドレンのスケープゴートを克服するためには、自分に優しくすることで不安や緊張を和らげる必要があります。

スケープゴートの心は緊張と不安でいっぱいですので、その心を優しく癒していきましょう。

考え方の一つとして、マインドフルネスの中にセルフコンパッションというものがあります。

要は自分に対して「慈愛を向ける方法」です。

自分を他人のようにとらえて、自分に対して日ごろの感謝とねぎらい、いたわりの言葉をかけていくのです。

難しいと思う方は、あなたが「人からどんな言葉をかけてもらったら嬉しいか?」を考えてみましょう。

いつも頑張って人を笑わせている、あなたに必要な言葉はなんでしょうか?

あなた自身が欲しい言葉を、自分に対しておこなうだけです。

「つらかったね」「苦しかったね」「怖かったね」「いつもありがとうね」「もう頑張らなくていいよ」

ここでは、どうぞ思い切り自分を甘やかしてOKです。

「あなたが一番偉いよ」「あなたって本当に素敵」など。

これらは、直接心理的な方法になります。

安心感で癒されていくと、日常の緊張や不安が徐々に軽減していきますよ。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン克服方法

ACスケープゴートが取り組む具体的な克服方法

アダルトチルドレンのスケープゴートが取り組める具体的な克服方法にインナーチャイルドセラピーとカウンセリングがあります。

インナーチャイルドセラピー

先ほどのセルフコンパッションも心理的に大切な方法の一つですが、インナーチャイルドの癒しもパワフルです。

私の扱うNLPでは、インナーチャイルドを癒すのに具体的な過去を使います。

過去は無数にあって大変と思いがちですが、私たちの無意識はパターン化して捉えているために、実は思っているよりも少なくて有限です。

試しに嫌な過去を書いてみてください。

100個も書けず、「うーん」とうなってしまうはずです。

その思い出の数だけ、インナーチャイルドたちを救っていくのです。

これらも過去のインナーチャイルドを癒していくと、自然と安心感が増えて穏やかな表情や心に戻っていきます。

インナーチャイルドの癒しはパワフルですので、自然と楽になり、あなた自身も活気にあふれストレスが減り、あらたな人間関係を築くことが出来るようになります。

こちらもお読みください。→インナーチャイルドとは?

アダルトチルドレンのカウンセリング

アダルトチルドレンのスケープゴートを克服するには専門家の力を借りるのも手です。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、あなたのパターンをカウンセラーが見抜いて、適切な過去を癒していくため想像以上に早く効果が出ます。

私、いわぶちもNLP(神経言語プログラミング)で具体的に過去を癒しまくって、アダルトチルドレンを克服しています。

NLPカウンセリングは特別なので、お話したくない過去も扱えますし、方法を覚えてしまえば自宅でもどんどんできます。

戦争後遺症のトラウマを解消しているようなスキルもあり、あなたのトラウマも癒せます。

長年変わらなくてあきらめていたことも、過去の経験を癒すことで、これからの人生の可能性を切り開くことができますよ。

短期療法のNLP(神経言語プログラミング)のカウンセリングはこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA