カウンセリングメニュー

アダルトチルドレンのカウンセリング:ACヒーロー(英雄)の場合

アダルトチルドレンのカウンセリング:ACヒーロー①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)のカウンセリングでは、ヒーロータイプの人たちにどのような効果があるでしょう。

アダルトチルドレン(AC)とは、もともとアルコール依存症の親を持つ子供が、大人になって成人しても人生に生きづらさを抱えるという現象から生まれた、その人たちを表す概念を意味する言葉です。

その中でヒーロー(英雄)は、親の期待を一身に背負い努力をし続け、家庭内の平和を保つ役割になりました。

アダルトチルドレンのカウンセリングに実際にいらっしゃったヒーローたちのケースで解説していきます。

この記事で解決できるお悩み
  • ACカウンセリングに来るヒーローの悩み
  • ACカウンセリングでヒーローが回復する証拠

この記事を読むとアダルトチルドレンのカウンセリングに来るヒーロー(英雄)の悩みと、回復した場合にどのようになるかが理解できます。

アダルトチルドレンのヒーロー(英雄)から回復して人生をもっと幸せにしましょう。

アダルトチルドレンのカウンセリング:ACヒーロータイプに多い悩み

アダルトチルドレンのカウンセリング:ACヒーロー①

アダルトチルドレン(AC)のカウンセリングでヒーローさんに多い悩みは、自分自身の仕事関係と内面の問題、そして恋愛関係にまつわる生きづらさが多いです。

ヒーローは機能不全家族の中では英雄の役割をしていて、主に女性にも男性にも多い努力家で頑張るタイプです。

自分が何かで優秀な成績を収めると、家庭内の不和や喧嘩が収まることなどをきっかけに、アダルトチルドレン(AC)のヒーローは生まれます。

両親に問題があることはあるのですが、そのヒーローはそのバイタリティーと、別のことに目が向いているという人が多いため、親子関係で悩むというよりも後で「親子関係が問題」とわかることが多いです。

親の期待で頑張っているために、親のせいで生きづらさという部分が一時的に隠れるのです。

結果として、ヒーロー(英雄)は精神的に追い込まれて燃え尽きてしまいがちです。

機能不全家族とは、虐待や暴力、精神的な虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)や親の嗜癖問題(アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、セックス依存症、ワーカホリック(仕事依存症))などがある家庭環境で、親が親の役割を果たせず、子どもに精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼす家族のことを言います。

アダルトチルドレンの詳細についてはこちらです。→アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレン:ヒーローとは?

アダルトチルドレン(AC)のヒーロー(英雄)とは、自分自身の家族にとって英雄的存在であろうと勉強やスポーツ・その他、親の期待に対して必死に頑張り続ける子どものことです。

ヒーローという言葉は一見ポジティブなイメージの意味ですね。

ですから、他人から見た時に家庭内に問題があるとは理解されにくいかもしれません。

ヒーローは、アメリカのセラピスト、ウェイン・クリッツバーグアダルトチルドレンの人々を6タイプに分けた分類の一つになります。

このブログでは8タイプご紹介しています。

アダルトチルドレンタイプ

これらの分類や役割は要素であるため、入り混じることは多々あります。

実際にアダルトチルドレンのカウンセリングにいらっしゃるクライエント様も、何種類か入り混じっていることは多々あります。

ちなみに私はヒーロータイプとケアテイカー(リトルナース)が混じっていたと思います。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

仕事関係の悩み

アダルトチルドレン(AC)のヒーローは親の期待を背負うことになってしまい、スポーツや学校の勉強でも努力をして結果を出すことを自分に課してきました。

その性質から仕事においても、完璧主義で手が抜けず、疲れ切ってしまったり、残業や休日出勤に追われてストレス過多になりがちなのです。

また、子どもの時に親子関係の中で「失敗や挫折」を前向きに経験するということを避けてきたために、極度に失敗や挫折を怖がります。

成績優秀でスポーツも出来てと、一見何でも出来る努力家のようですが、「親の期待」のためにしている上に「成功できそうなもの」を選んでいる可能性もあります。

そのためチャレンジ精神というものに欠けているという面があります。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、次のようなことが悩みとしてあげられます。

ヒーロー(英雄)の悩み:仕事関係
  • 仕事を休むことに罪悪感があり、休めば焦燥感、仕事をすると疲れ切る。
  • 誰かの期待、誰かのために仕事を選んだのでやりがいを感じない。
  • 失敗や挫折をしてしまいトラウマになって落ち込みから回復できない。
  • 新しいものや未知のものへの恐怖でチャレンジできない。

ヒーロー(英雄)の頭には、両親の感情の落ち込みや喧嘩が自分が頑張ったことで収まったり、期待に応えて頑張ることで両親が喜ぶ姿が焼き付いています。

本来マイナスの記憶なのですが、ヒーローにとっては成功体験になっているために、アダルトチルドレン(AC)の自覚に欠けるのがヒーローの性質です。

両親のために自分が完璧主義になり、その上休めなくなっているということになかなか気が付けずに、具合が悪くなってから初めて「あれ?」と気が付くのです。

アダルトチルドレンのヒーローの詳細はこちらです。→アダルトチルドレン:ヒーローとは?

恋愛関係の悩み

また、ヒーローの問題は恋愛関係では次のように表れます。

特徴としては共依存の関係になりがちです。

ヒーロー(英雄)の悩み:恋愛関係
  • 自分が引っ張ってあげないといけない弱い恋人を好きになる。
  • 承認欲求が強く、見返りを求めてしまう。
  • 恋人に相談できずに悩みを抱えてつらくなる。
  • 過干渉過ぎて相手の心がつぶれてしまう。

アダルトチルドレンのカウンセリングを受けるヒーローさんは、恋人やパートナーに対しても期待してくれることを求めているために、様々な面で自分よりも弱い立場の恋人を選びます。

例えば、見た目や身体の強さ、学歴や収入面など、自分がいないと生きていけないであろう恋人をつかまえる性質があります。

これは、男性でも女性でもヒーロー(ヒロイン)さんは同じです。

また、共依存傾向があるために、相手のことを構いすぎてしまい、相手の自立を奪ったり、相手が意見が言えなくなったりしてメンタルの不調を招くこともあります。

そして、承認欲求が強いために、いつも賞賛を求めているので、それらがないとイライラして恋人に当たります。

その割に弱点を見せられないので、相談できずにつらくなってしまう傾向もあります。

このような点で、ヒーローさんは一生懸命なのですが「なぜかスッキリしない…」という面を恋人と一緒に抱えるようになります。

アダルトチルドレンのヒーローの恋愛の詳細はこちらです。→ACヒーローの恋愛

アダルトチルドレンのカウンセリングを受ける動機や想い

このようなヒーロー気質の人たちが、アダルトチルドレンのカウンセリングを受ける動機や想いは次のようなことが多いです。

ヒーロー(英雄)の悩み:想い
  • 頑張っているのにダメになって原因がわからない
  • 完璧主義が原因なのだろうが、どうしたらいいのかわからない
  • 良かれと思ってやっていることが恋人やパートナーを苦しめる
  • 仕事の燃え尽きを繰り返したくない

ヒーローさんたちは、疲れ切って具合が悪くなったり、相手のことをダメにしてしまった自分に気が付いて「あれ?自分が悪いの?」のカウンセリングを受けることが多いです。

親への悪いイメージも頑張っているうちに、関係ない出来事と思いがちで、つらくなって初めて生きづらさに気が付くのです。

完璧主義の詳細はこちらです。→アダルトチルドレンの特徴①完璧主義

アダルトチルドレンのカウンセリング:ヒーローが回復した証拠

アダルトチルドレンのカウンセリングでヒーロー(英雄)が回復すると、今まで人の期待で動いていた自分から抜け出して、自分のやりたいことを出来るようになり、努力家の性質を残しつつ頑張れるバランスのとれた人になります。

また、相手を構いすぎず、きちんと尊重して関わることが出来て、その余裕から恋人やパートナーに対して優しくする接することが出来ます。

仕事関係が回復した証拠

例えば、ヒーローの性格が改善されると、完璧主義や白黒思考、罪悪感や焦燥感などのせいで休めないこともなくなり、健康的に仕事をすることが出来ます。

また、失敗や挫折に対する恐怖感も和らぐことで、柔軟性が生まれ、新しい仕事や未知のものへの好奇心やチャレンジ精神を発揮することが出来るようになります。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、このような無意識で自分を追い詰めていた強迫観念をなくすことが出来ます。

そうすると、誰かのためや誰かの期待で頑張り続けるのではなく、自分のためや本当に必要なことのために力を注いで充実することが可能なのです。

ヒーロー(英雄)が回復した証拠:仕事関係
  • 完璧主義や白黒思考から抜けて、ライフワークバランスが取れるようになる。
  • 失敗や挫折を恐れず、柔軟に未知のものへチャレンジする好奇心が生まれる。
  • 自分が本当にやりたいことがわかり、情熱を注ぐことが出来る。

アダルトチルドレンのヒーローの克服の詳細はこちらです。→ACヒーローの克服

恋愛関係が回復した証拠

また、アダルトチルドレンのカウンセリングでは、過去の経験を癒してインナーチャイルドを育てなおし、恋愛における共依存のような関係をなくします。

相手の感情と自分の感情を切り分けることが出来るようになり、自分も相手も大切にすることが出来ます。

ヒーローさんは良かれと思って、自分の意見や考えを押し付けがちです。

ですが、根底に自己肯定感が生まれてくると、押しつけがなくなり、恋人に対しても穏やかに尊重して関わることが出来ます。

相手のことを束縛したり、相手の賞賛や期待を求めすぎることがなくなり、二人で穏やかな愛情を育てることができます。

自分が変わると世界が変わるという現象が起きて、二人が幸せな世界に突入していきます。

ヒーロー(英雄)が回復した証拠:恋愛関係
  • 賞賛や期待をすることを押し付けて、イライラするようなことがなくなります。
  • 相手のことを相手目線で考えて、かまいすぎずに尊重することが出来ます。
  • 自立した相手と自立した自分で幸せな人生を過ごすことが出来ます。

想いが回復した証拠

アダルトチルドレンのカウンセリングで、ヒーロー(英雄)さんが回復すると、自分のために頑張れる人になります。

ヒーローさんの多くは、両親のことも乗り越えていると思っているかもしれませんが、大人になって辛い思いをしたのは、まだ乗り越えられていないからなのです。

ヒーローさんの多くには、親の不仲や喧嘩の思い出があるはずです。

そして、例えば父親から責められる母親を救うために、学業に専念したり、スポーツでいい成績をとったりしたのではないでしょうか?

動機は素晴らしいのですが、このパターンがあるからこそ、「頑張らなければいけない」と強く思い込んでいるのです。

ですから、インナーチャイルドには「好きなことをする」という許可や、両親の喧嘩から遠ざけるということが必要なのです。

そうすると価値観がスッキリと変わり、自然と楽な方向へ思考パターンも変わっていきます。

ヒーロー(英雄)が回復した証拠:想い
  • 今までの世界にはない平穏な状態で、好きなことに充実感を感じることが出来ます。
  • 自然に頑張り、楽な自然体で自由に生きるという感覚が生まれます。
  • 自分も他者も適切な距離感で大事にすることができて、世代間連鎖を止められます。

アダルトチルドレンのカウンセリング:ヒーロー(英雄)の場合まとめ

アダルトチルドレンのカウンセリングでヒーロー(英雄)が回復すると次のような状態になります。

ヒーロー(英雄)が回復した証拠
  • 完璧主義や白黒思考から抜けて、ライフワークバランスが取れるようになる。
  • 失敗や挫折を恐れず、柔軟に未知のものへチャレンジする好奇心が生まれる。
  • 自分が本当にやりたいことがわかり、情熱を注ぐことが出来る。
  • 賞賛や期待をすることを押し付けて、イライラするようなことがなくなります。
  • 相手のことを相手目線で考えて、かまいすぎずに尊重することが出来ます。
  • 自立した相手と自立した自分で幸せな人生を過ごすことが出来ます。
  • 今までの世界にはない平穏な状態で、好きなことに充実感を感じることが出来ます。
  • 自然に頑張り、楽な自然体で自由に生きるという感覚が生まれます。
  • 自分も他者も適切な距離感で大事にすることができて、世代間連鎖を止められます。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、ヒーロー(英雄)のあなたをお持ちしております。

カウンセリングで、是非、人生の幸せを手に入れてくださいね。

アダルトチルドレンのカウンセリングの詳細はこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA