カウンセリングメニュー

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケーター(慰め役)の場合

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケーター①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)のカウンセリングでは、プラケータータイプの人たちにどのような効果があるでしょう。

アダルトチルドレン(AC)とは、もともとアルコール依存症の親を持つ子供が、大人になって成人しても人生に生きづらさを抱えるという現象から生まれた、その人たちを表す概念を意味する言葉です。

その中でプラケーター(慰め役)は、親や兄弟姉妹の感情や気持ちを一番に察知して慰めるという役割になりました。

アダルトチルドレンのカウンセリングに実際にいらっしゃったプラケーターたちのケースで解説していきます。

この記事で解決できるお悩み
  • ACカウンセリングに来るプラケーターの悩み
  • ACカウンセリングでプラケーターが回復する証拠

この記事を読むとアダルトチルドレンのカウンセリングに来るプラケーター(慰め役)の悩みと、回復した場合にどのようになるかが理解できます。

アダルトチルドレンのプラケーター(慰め役)から回復して人生をもっと幸せにしましょう。

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケータータイプに多い悩み

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケーター①

アダルトチルドレン(AC)のカウンセリングでプラケーターさんに多い悩みは、自分自身の親子関係と、恋愛関係にまつわる生きづらさが多いです。

プラケーターは機能不全家族の中では慰め役の役割をしていて、主に女性に多いタイプです。

機能不全家族とは、虐待や暴力、精神的な虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)や親の嗜癖問題(アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、セックス依存症、ワーカホリック(仕事依存症))などがある家庭環境で、親が親の役割を果たせず、子どもに精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼす家族のことを言います。

アダルトチルドレンの詳細についてはこちらです。→アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンのプラケーターとは?

アダルトチルドレン(AC)のプラケーターとは、機能不全家族の他のメンバーの暗い表情をいち早く察して、何よりも他人を優先し、いつもいつも慰めケアするカウンセラーのような子どもです。

主に機能不全家族の母親を慰める娘という位置が多いのが特徴です。

気持ちに寄り添い、いつもいつも優しくなだめるおとなしい子です。

プラケーターとは「慰める人」「なだめ役」という言葉の意味です。

アメリカのセラピスト、ウェイン・クリッツバーグアダルトチルドレンのタイプを6つに分けたうちの1つになります。

このブログでは8タイプご紹介しています。

アダルトチルドレンタイプ

イネイブラーケアテイカー(リトルナース)は行動で世話を焼いたり支える役割ですが、プラケーターは気持ちに寄り添い感情を支える役割という違いが特徴です。

ただ、役割は要素であるため、入り混じることは多々あります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

親子関係の悩み

アダルトチルドレン(AC)のプラケーターそもそもの優しい気性と、その上、親が弱弱しかったりすることで、必要以上に親の機嫌や感情を慰めるような性質になってしまっています。

また、親子関係としては母と娘の関係に多いタイプになります。

母が弱いことや落ち込みがひどいことで、娘は無意識的に心配で離れられない状態が起きます。

この状態が長く続くことで、母と娘が同一化してしまい、娘はいつも母の心配ばかりします。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、次のようなことが悩みとしてあげられます。

プラケーター(慰め役)の悩み:親子関係
  • 実家から出られない。
  • 実家から出たが歩いて3分のところに住んでいる。
  • 母が介護をしてくれることを期待しすぎている。
  • いつも両親が四六時中気になってしょうがない。

プラケーター(慰め役)の頭には、過去のお母さんの悲しむ姿や、お父さんとお母さんが喧嘩して落ち込んでいる姿などがこびりついています。

ですから、娘が40代、50代と年を重ねても自分を後回しにして、親のことばかりを考えるようなタイプになります。

皆さんその頃になると、さすがに「何か変だな」と感じて、こびりついた「心配」を何とかしたいとカウンセリングを受けにいらっしゃいます。

アダルトチルドレンのプラケーターの詳細はこちらです。→アダルトチルドレン:プラケーターとは?

恋愛関係の悩み

また、プラケーターの問題は恋愛関係では次のように表れます。

特徴としては共依存の関係が非常に強く出がちです。

プラケーター慰め役の悩み:恋愛関係
  • 好きでもない人に言い寄られる
  • 言い寄られた結果付き合うが、好きという気持ちではない
  • いわゆるダメな男の人ばかり付き合う
  • 外の人間関係が希薄で婚期が遅れる

アダルトチルドレンのカウンセリングを受けるプラケーターさんは、母親の感情に寄り添うことが多く、自分が後回しになっています。

自分が後回しになっているということは、婚期が遅れることでもあり、男性とのお付き合い経験が少ないままに結婚する人も多いです。

また、積極的に恋愛をしようとせず、プラケーターさん特有の優しさが勘違いを生み、そのまま断れずに恋人になるということもあるようです。

そして、プラケーターさんの最大の悩みは、ダメ男を引き寄せるということです。

優しい性質があるために、自分自身が慰めに価値を見出して、彼のお世話に励むことが生きがいになってしまう人がいます。

積極的にダメ男を選ぶケアテイカー(リトルナース)タイプとは違い、どちらかというと「巻き込まれ型恋愛」「巻き込まれがた人生」のようなタイプになります。

アダルトチルドレンのプラケーターの恋愛の詳細はこちらです。→プラケーターの恋愛

アダルトチルドレンのカウンセリングを受ける動機や想い

このようなプラケーター気質の人たちが、アダルトチルドレンのカウンセリングを受ける動機や想いは次のようなことが多いです。

プラケーター(慰め役)の悩み:想い
  • いい加減自分のために生きていきたい
  • いい加減ダメ男恋愛から脱したい
  • 自分に素直に好きなことをやりたい
  • 子どもに共依存のような連鎖を起こしたくない

プラケーターさんたちも、さすがに30代後半から40代前半になり、「私は親に縛られているのかな?」と気が付いてカウンセリングを受けに来られる方が多いです。

また、親の心配で自分が好きに動けないという、心理的に囚われになっている人たちも多くいらっしゃいます。

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケーターが回復した証拠

アダルトチルドレンのカウンセリングでプラケーター(慰め役)が回復すると、今まで親の気持ちを第一優先にしてきた習慣から外れて、自分自身の気持ちに素直になることが出来ます。

自分自身の恋愛や、愛する子どもに時間を取りたいのに、いつもいつも親のことが気になっているような気持から目を覚ますことが出来ます。

親子関係が回復した証拠

実家の両親に対して、割り切る感情が生まれてきて、何より自分自身を大切にするという行動を起こしだします。

よく言われるような、「自分を大切に」ということも、プラケーターさんは物心ついた時から「他人を大切に」してきたために感覚がわからないんですね。

意識的にやったほうが良いなと思っていても、無意識レベルでは「他人優先」のプログラムが起動してしまうのです。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、このような無意識にの自動プログラムを変化させます。

そうすると、自然と自分軸で動けるようになり、自分を大切にする行動をとり始めるようになるのです。

プラケーター(慰め役)が回復した証拠:親子関係
  • 実家から出ることに割り切りが出来る
  • 介護の話は必要な時にはしましょうと割り切れる
  • 親を適度に心配はするが、四六時中はしない

アダルトチルドレンのプラケーターの克服の詳細はこちらです。→プラケーターの克服

恋愛関係が回復した証拠

また、アダルトチルドレンのカウンセリングでは、過去の経験を癒してインナーチャイルドを育てなおします。

親の不仲や、ダメな父親から幼少期の自分を救い出し、「慰めに価値を置く」自分からさようならをしてしまうのです。

そうすると、プラケーターのアンテナにあった「ダメ男引き寄せセンサー」が働かなくなるので、あなたを大切にしてくれる人が目に入りようになります。

慰めが生きがいだった過去の自分がいなくなる?とドキドキしてしまうかもしれませんが、別人になるわけではありません。

価値観が自然と変わってしまうだけなので、変化した後はただ「すっきり!」としている状態です。

プラケーター(慰め役)が回復した証拠:恋愛関係
  • ダメ男に「お世話したい欲求」がなくなり引き寄せなくなります
  • 好きでもない人に言い寄られたり勘違いされなくなります
  • 外の人間関係や恋愛関係を大切にすることが出来ます

想いが回復した証拠

アダルトチルドレンのカウンセリングで、プラケーター(慰め役)さんが回復すると、共依存のような関係を起こさなくなります。

相手の感情と自分の感情を切り分けることが出来るようになり、自分も相手も大切にすることが出来ます。

また、あなた自身が自分を大切にすることがわかると、恋人でも友人でも「大切にしてくれる」人が表れてくるのです。

自分が変わると世界が変わるという現象が起きて、生きやすい世界に突入していきます。

プラケーター(慰め役)が回復した証拠:想い
  • 自分の気持ちに素直に生きることが出来て、生きやすくなる
  • やりたいことや大切なことが見つかり、充実した人生を歩める
  • 自分の子どもも生き生きとしている姿を見ることが出来る

アダルトチルドレンのカウンセリング:プラケーター(慰め役)の場合まとめ

アダルトチルドレンのカウンセリングでプラケーター(慰め役)が回復すると次のような状態になります。

プラケーター(慰め役)が回復した証拠
  • 実家から出ることに割り切りが出来る
  • 介護の話は必要な時にはしましょうと割り切れる
  • 親を適度に心配はするが、四六時中はしない
  • ダメ男に「お世話したい欲求」がなくなり引き寄せなくなります
  • 好きでもない人に言い寄られたり勘違いされなくなります
  • 外の人間関係や恋愛関係を大切にすることが出来ます
  • 自分の気持ちに素直に生きることが出来て、生きやすくなる
  • やりたいことや大切なことが見つかり、充実した人生を歩める
  • 自分の子どもも生き生きとしている姿を見ることが出来る

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、プラケーター(慰め役)のあなたをお持ちしております。

カウンセリングで、是非、人生の幸せを手に入れてくださいね。

アダルトチルドレンのカウンセリングの詳細はこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA