カウンセリングメニュー

アダルトチルドレンの恋愛問題:繰り返すパターンの原因は潜在意識

アダルトチルドレンの恋愛①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)の人たちは恋愛や結婚において問題を抱える傾向があります。

これらの問題の傾向は、親から受け取った関わりや、トラウマの記憶が潜在意識に刷り込まれているからです。

アダルトチルドレンの恋愛問題を詳しく解説したいと思います。

この記事で解決できるお悩み
  • アダルトチルドレンの恋愛問題:共通の仕組み
  • アダルトチルドレンの恋愛問題:共通の傾向
  • アダルトチルドレンの恋愛問題:タイプ別
  • アダルトチルドレンの恋愛問題を克服するには?

この記事ではアダルトチルドレンの恋愛問題の共通の仕組みと傾向、そしてタイプ別の傾向と、アダルトチルドレンの恋愛問題の克服についてお伝えします。

ACの恋愛問題を理解して、幸せな人生に役立ててください。

アダルトチルドレンの恋愛問題

アダルトチルドレンの恋愛①

アダルトチルドレン(ACの恋愛問題は、潜在意識に刷り込まれた機能不全家族の両親の関係性や性質、トラウマなどが原因となり、極端な恋愛関係に走りやすいという点があげられます。

極端とは、関係性では支配と服従があるような力関係のある関係で「ダメ男」「ヒモ」「依存」「俺様」「女王様」「依存症」「金遣いが荒い」「浮気癖」などを持つ恋人を選びがちです。

無意識で過去の経験を参照しながら、恋愛をしているために、同じような苦しい関係性を選びがちなのです。

アダルトチルドレンの恋愛問題:共通の仕組み

それではアダルトチルドレンの恋愛問題の共通の仕組みを見てみましょう。

これらは無意識による幼少期の両親からの学習による価値観などがとても大きく影響しています。

トラウマによる恋愛イメージの破綻

アダルトチルドレンの両親は喧嘩や不和が日常的にあります。

日常的に両親の喧嘩を見ている子どもは、結婚や恋愛、男女関係に良いイメージが持てなくなります。

これら両親の関係するトラウマが潜在意識に刷り込まれると、結婚や恋愛をしようとしたり、親しい仲になろうとした時に、急に心身から「警報」が鳴り出し、具合が悪くなったり恐怖感が起きたりします。

中には結婚直前で自分から関係を壊したりする人もいます。

また、逆に絶対に幸せになってやると意気込んで、距離感の近い関係を築きすぎてもてあそばれてしまう人もいます。

こちらもお読みください。→毒親育ちは結婚できない・したくない?

親に似る恋愛問題:関係性のコピー

潜在意識に両親の関係性が刷り込まれていると、その関係性自体をコピーしてしまい、無意識に求めることがあります。

例えば、アダルトチルドレンの典型であるアルコール依存症の父と支える母を見ていた娘は、恋人にアルコール依存症の彼を選ぶことがあります。

頭では「父親」に嫌悪感を持っていたとしても、潜在意識はそれを求めてしまうという不思議が起きます。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンとは?

親に似る恋愛問題:個別のコピー

上のように関係性をコピーする場合もあれば、個別の性質をコピーすることも普通にあります。

上の例では、あまりにも日常的にお酒が家庭にあり、父も娘に「たまには付き合え」ということも起きます

すると、お酒のない家庭に比べてお酒が普通になり、アルコール依存症になる可能性はぐんとあがってしまうのです。

また、怒鳴る両親がいた人が自分の子どもに対して怒鳴ってしまうということも起きます。

このようなことが恋愛でも起きてしまい、無意識に選ぶ恋人は親のように問題を抱えた人であることが多くなるのです。

アダルトチルドレンの恋愛問題:共通の傾向

アダルトチルドレンの恋愛問題には、個々のタイプに似たような共通の傾向があります。

仕組みの次は傾向を見てみたいと思います。

共依存的な恋愛傾向

アダルトチルドレン(AC)は共存的な恋愛の傾向があります。

共依存とはお互いがお互いを縛り、相手がいないと生きていけないと強く無意識に思うような関係性です。

なんとなく、そこまで思われて幸せでいいなぁと思う人はいるかもしれませんが、アダルトチルドレンの場合は、両者が疲弊したり、問題が悪化する関係性です。

お互い自立を阻み、問題が悪化する例はアルコール依存症の夫婦の関係です。

アルコール依存症の夫を支える妻は共依存という言葉のもとになったくらいで、この世話焼き行動(イネイブリング)は、夫のアルコール依存症を悪化させます。

こちらもお読みください。→共依存とは?

尽くせる相手を選ぶ恋愛傾向

上のアルコール依存症の妻が、尽くす相手を選ぶ代表です。

この妻の両親も同じような関係性であることが多々あります。

このような女性は、世話焼き行動が存在意義になっているので、健全に自立した人は目に入らず「私には関係ない」と思いがちです。

必要とされたいがために、恋人の自立を阻む関わりが無意識に行われます。

依存してくる相手を選ぶ支配と服従の恋愛傾向

上と同じような形ですが、男性でも依存してくる女性を選ぶというパターンがあります。

ふたりともアダルトチルドレンの傾向がありますが、支配する立場になりたい男性と、それに服従したい女性がお互いを引き寄せ合います。

これも普通の関係程度なら微笑ましいですが、男性は支配欲だけで女性を大切に出来ない場合が多いです。

するとDVや虐待、モラハラなどが起きて、女性側が被害を受けることになります。

ですが、アダルトチルドレンの女性は「私がいけない」とか「こんな人には私しか一緒に入れない」という曲がった信念で共依存を続けようとするので、本人が気づくのは少し後になったりします。

大切にしてくれない恋人を選ぶ傾向

上でもお伝えしたように、大切にしてくれない恋人を選ぶことも非常に多いです。

よくあるのが何度言っても浮気をする、DV暴力モラハラをし続けるなどです。

また、突然何も言わずにいなくなったりして、そのまま帰ってこないなどもあります。

要は都合よく使われて、簡単に捨てるようなタイプに捕まりやすくなるのです。

これも両親に大切にされなかった過去の経験が、大人になっても繰り返される無意識のパターンでです。

こちらもお読みください。→毒親育ちの女性は恋愛が上手にできない?

好きでもないのに巻き込まれる恋愛傾向

アダルトチルドレンの中には、自分の感情や気持ちに素直になれない人や、相手をちゃんと拒否できないという人がいます。

そうすると、本当は嫌なのに流れで付き合ってしまったり、同情しているうちに流されて恋人のような関係になる人もいます。

ですが、よく考えると好きでもない相手と過ごしているので、違和感を感じつつも、アダルトチルドレンらしくお世話や慰めに存在価値を見出していると関係が続いてしまいます。

どうしても気になるダメ恋愛傾向

アダルトチルドレンの傾向でわかりやすいのは、女性のダメンズ好きの傾向です。

お金遣いが荒い、極端に貧乏、夢を追い続けて仕事しない、昼からお酒ばかり飲んでる、浮気を繰り返している、そんな男性がどうしても母性本能をくすぐるとか言いますが、アダルトチルドレンの世代間連鎖です。

アダルトチルドレンのダメ男好きは親がだらしない傾向であったために、それをお世話することが存在意義になってます。

ダメであればあるほどお世話ができるので、周りが「やめなよ」と言っても聞かず、恋人として付き合っていきます。

こちらもお読みください。→毒親育ちの男性の特徴

どうしても気になる理想の恋人傾向

アダルトチルドレンの中には、逆に理想化がひどすぎて現実離れしている人もいます。

芸能人や映画俳優、スポーツ選手といつか付き合って結婚するんだと夢見ている人がいます。

夢見るのは構いませんが、同時に現実を見ていないといつか取り返しのつかない状況に陥ります。

理想を作るのではなく、自分と恋人の関係を理想に近づける方が健全で幸せだと思います。

無意識に庇護者を求める恋愛傾向

アダルトチルドレンは悲しい思いや寂しい思いをしてきた人がおおいため、無意識に親を求めることがあります。

それは、自分を捨てた親であることもあります。

捨てた親は、その後会うことがないために、子どもの中で美化されることがあります。

本当は捨てた親なのに、美化して歪めて取ることがあるのです。

このような人は、恋人に庇護者を求めるので、極端に歳の離れた人を選んだりすることがあります。

過干渉する・過干渉される恋愛傾向

アダルトチルドレンの恋愛傾向に過干渉があります。

親が過干渉してきた場合に、身体化して生きづらさを抱える人もいますが、過干渉が当たり前になりすぎて依存している人もいます。

このタイプは恋人が過干渉してきたり、過干渉してしまったり、恋愛関係自体が窮屈になり、お互い監視し合ってる状態を作り上げます。

過干渉のポイントは「相手の意向は無視」しているというところであり、良かれと思っていても相手を苦しめ追い詰めます。

恋人の立場に立って信頼することが必要です。

こちらもお読みください。→毒親の過干渉の特徴とは?

アダルトチルドレンの恋愛問題:心理面

それではアダルトチルドレンの恋愛問題に関係する心理面を見てみましょう。

毒親からの虐待や暴力、精神的な暴力、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)、過干渉、共依存、自己愛型の親からの干渉などがあったら、子どもの恋愛がどうなるかが理解できます。

恋愛に自信がない

アダルトチルドレンの人たちは、自己肯定感が低く恋愛に自信がありません。

自信満々に見えていても、実は内面では余裕がないことが多いです。

ですから、恋人にキレたりあたったり、落ち込んだり寂しくなったりが非常に多くなります。

恋人に捨てられないか不安

アダルトチルドレンの人たちは、見捨てられ不安を持っている人が多いです。

自己重要感が少ないため、どうせ捨てられる、いつか捨てられる、という感覚がいつも襲ってくるのです。

この衝動は強いため、恋人を引き留めるために我を忘れて行動に出ることがあります。

恋人を試す

アダルトチルドレンは幸せな状態がわかりません。

そして幸せな状態になれていないために、虐待された子供がするような試し行動をします。

具体的には、小さな子供はお母さんが見ている前で、わざと困らせたりダメだと言われている行動を何度もします。

これは、こんなことをしても愛してくれますか?というメッセージなのですが、大人の試し行動は二人とも疲弊します。

わざと別れるとすぐ言ったり、危ないことをして引き止められようとしたりするなどです。

感情の波が激しい

恋愛中は特にそうかもしれませんが、幸せな気持ちと落ち込んだり怒ったりする幅が大きく、感情の波が激しい人がいます。

そもそも不安定な感情の中で育てられたために、ひどく荒れてしまうのですが、一日のうちで波がありすぎると、お互いが疲れ切ってしまいます。

感情が鈍麻している

アダルトチルドレンのタイプによっては、ストレスを感じないように防御してしまい、感情や感覚がマヒしている人がいます。

これは、あまりに辛い状態が続いたために、自然に感情がブロックをしてしまったためです。

このような状態になると、マイナス感情だけではなく、プラスの感情も感じにくくなり、無表情のような顔になりがちです。

すると恋人から、何を考えているかわからないと言われてしまうこともあります。

人間不信

恋愛に大きな影響を与えるポイントとして人間不信があります。

恋愛はしたいけれど、家庭環境で傷つきすぎたので、無意識に傷つきたくない思いが働きます。

すると、目の前の恋人に対しても疑う心が生まれたり、信用できない状態になってしまうことがあります。

他者との距離感が極端

アダルトチルドレンの人たちは、距離感が上手にとれません。

人間不信で対人恐怖があり、極端に離れる人がいると思えば、安全な距離が分からず急に距離を詰めてくるタイプの人もいます。

過去の経験の中で過干渉などがあると、親と子供の境界線が曖昧になり、自分と他人の線引きが上手くできなくなるのです。

アダルトチルドレンの恋愛問題:タイプ別

アダルトチルドレンのタイプをこのブログでは8タイプでご紹介しています。

それぞれのアダルトチルドレンタイプ別恋愛をご覧ください。

アダルトチルドレンタイプ

ご自身のタイプを知りたい方はアダルトチルドレンのタイプ別診断をみてくださいね。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

プラケーターの恋愛問題

アダルトチルドレンのプラケーターの恋愛問題は、慰めを存在意義にしているために、慰める立場を見つけて全身全霊で尽くしてしまうという点です。

プラケーターは母娘の関係に多いですが、機能不全家族の弱弱しい親の感情を慰めるタイプです。

あまりに親の感情に寄り添いすぎ、親を優先するあまりに、自分自身の人間関係や恋愛関係に時間を使いません。

すると、必然的に婚期が遅くなったりすることも多々あります。

また、とても優しいタイプでネガティブな感情を放っておけず、たまたま慰められた人は好意と勘違いするほど心理的に踏み込んできます。

また、ダメ男に尽くす面もあります。

プラケーターの続きはこちらです。→プラケーターの恋愛

イネイブラーの恋愛問題

アダルトチルドレンのイネイブラーの恋愛問題は、アルコール依存症の妻を代表するイネイブリング(世話焼き行動)という言葉があるほどに、ダメ男に献身的に尽くし、奉仕し、共依存関係を作るという点です。

ある意味では、少し前の「日本人妻の鏡」と言われるくらいに献身的なタイプで、文句も言わずにお世話を頑張り、どんどん消耗していきます。

しかし、この世話焼き行動も相手のためにはならず、帰って依存を増大させ、ダメ男をもっとダメにしてしまうような関わりなのです。

けれどもイネイブラーは、そこには気が付かないため、一生懸命世話を焼き、どんどん心が疲弊していきます。

イネイブラーの続きはこちらです。→イネイブラーの恋愛

ケアテイカー(リトルナース)の恋愛問題

アダルトチルドレンのケアテイカー(リトルナース)の恋愛問題は、名前通りに恋人に尽くしますが、プラケーターやイネイブラーと違い、お世話をすることで相手をコントロールし、支配下に置こうとすることです。

ケアテイカー(リトルナース)は男性にもいて、献身的な奉仕というよりは、見返りを求めてお世話をするタイプです。

見返りを求めるタイプなので、愛情を得るために恋人のためにすればするほど、自分の不満がたまり、見返りがないとキレてしまいます。

お世話をしまくることで、自分がいないと生きていけない状況を作り、恋人を逃がさないようにする共依存タイプです。

おせっかいと言われるほど過干渉なので、恋人の心は抑圧され、いずれ爆発します。

ケアテイカー(リトルナース)の続きはこちらです。→ケアテイカー(リトルナース)の恋愛

ACスケープゴートの恋愛問題

アダルトチルドレンのスケープゴートの恋愛問題は、自分の価値を低く見積もり、大切にしてくれない恋人を選びがちという点です。

スケープゴートは機能不全家族内で、両親や兄弟姉妹からいわれのない罪を一人だけ背負わされいじめられるような存在です。

おかげで、人間不信があり、自己肯定感が低いので、自分の価値を低くしてしまいます。

どうせ自分なんてという思いが大きく、その上、恋人選びの基準が両親になっているために、自分を大切にしない人を好きになり、恋人になってもひどい扱いをされることが多いです。

また、距離感が近づきすぎたりして、人を試す癖があるのも問題です。

スケープゴートの続きはこちらです。→ACスケープゴートの恋愛

ACヒーローの恋愛問題

アダルトチルドレンのヒーローの恋愛問題は、承認欲求を満たすために、恋人の過度な期待に応えて、もしくは自分から頑張り続けて燃え尽きてしまうところです。

ヒーローは機能不全家族の両親の過度な期待を一身に背負って頑張り続けた努力家です。

家庭内の平穏が自分の肩に乗っかっているという辛さがあります。

ヒーローが求めるのは、「過度な期待」で恋愛においても恋人からの過度な期待と承認が一番の好物です。

ケアテイカーと同じように、見返りが欲しいので、承認がないとキレてしまいます。

こんなに頑張っているのに何事だ!と怒ってしまうのです。

その上完璧主義のため、自分自身を追い込み、そして恋人にも要求が大きいため、二人とも参ってしまいます。

ヒーローの続きはこちらです。→ACヒーローの恋愛

ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)の恋愛問題

アダルトチルドレンのロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)の恋愛問題は、両親から苦しい思いをしたために関わることを拒絶して、人間関係を切る方向へ進んだせいで、いざ恋愛をしたい時に怖くて行動できないというところです。

機能不全家族内でも学校や会社などでも、人と極力接しないことで自分を守ってきた彼らは、恋愛に対してとても臆病です。

人を好きにはなりますが、感情を感じないようにしていましたし、コミュニケーションをしない道を選んだため、恋愛したくても出来ないということが正しいです。

彼らが恋愛をするためには、トラウマの解消とコミュニケーションの学び直しが必要です。

ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)の続きはこちらです。→ ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー) の恋愛

ACピエロ(クラウン、マスコット)の恋愛問題

アダルトチルドレンのピエロ(クラウン、マスコット)の恋愛問題は、トラウマを抱えているために、見た目はニコニコしていても、実は傷つきやすく緊張や不安を抱えていて、恋愛自体におびえているというところです。

彼らがおどけるのは周囲の空気を察知して、緊張や不安を消すためであって、楽しいからしているわけではありません。

過去の機能不全家族の両親の喧嘩や不和、虐待や暴力のトラウマから、おどけて和ませるという選択を身につけたのです。

ですから、彼らは日常的に不安と緊張を抱えているタイプです。

笑い癖があって、ニコニコしているかもしれませんが、彼らの緊張を察して寄り添える恋人がいると安心できるでしょう。

ピエロの続きはこちらです。→ACピエロの恋愛

ACプリンス(プリンセス)の恋愛問題

アダルトチルドレンのプリンス(プリンセス)の恋愛問題は、恋人に対する依存心と主体性のなさからくる生きづらさ、共依存、うわべだけで心が通わない不安感などです。

プリンス(プリンセス)は機能不全家族の異性の親から溺愛され、そして過干渉をされて、理想や期待を押し付けられた言いなりの人形です。

感情や意思を表現することを奪われ、そのせいで主体性がなくなり、自分の感情や意思を出せません。

ですから、親のような恋人に支配され、同じように共依存に巻き込まれて生きづらさを抱えるようになります。

プリンス(プリンセス)の続きはこちらです。→ACプリンス(プリンセス)の恋愛

アダルトチルドレンの恋愛問題を克服するカウンセリング

アダルトチルドレンの恋愛問題を克服するには、潜在意識がもっている過去の経験のつらい記憶を癒していくことが近道です。

経験の記憶なんて癒せるのか?と思われるかもしれませんが、NLP(神経言語プログラミング)で可能です。

記憶は感情が強いと、その記憶を参照せずにはいられません。

それが価値観や思考、行動パターンとなり、現在に影響を与え続けるのです。

苦手なタイプに会い続けるのも、同じような恋人に傷つけられ続けるのも、過去の経験の繰り返しパターンが起きています。

この繰り返しパターンを解消するためには、無意識が捉えるアンテナを外すしかありません。

つまりは、経験の感情を薄め、無意識が参照しなくても良いようにしてしまうのです。

すると、心のアンテナが外れて、自由な意思で思う通りに平穏な幸せな人生を掴むことが出来ます。

NLP(神経言語プログラミング)の短期療法はこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA