カウンセリングメニュー

ケアテイカー(リトルナース)の克服:おせっかいの過干渉を克服

ケアテイカー(リトルナース)の克服①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

アダルトチルドレン(AC)のケアテイカー(リトルナース)タイプの克服する問題点は過干渉です。

過干渉はケアテイカー(リトルナース)の相手への想いとは別に、自分を苦しめ、相手の自立や感情や意思を縛り付ける関わりです。

ケアテイカー(リトルナース)は過干渉をどのように克服できるでしょう?

この記事で解決できるお悩み
  • ケアテイカー(リトルナース)の克服
  • ケアテイカー(リトルナース)を克服する具体的な方法:インナーチャイルド
  • ケアテイカー(リトルナース) を克服する方法:NLPカウンセリング

この記事ではケアテイカー(リトルナース)を克服するのに必要な知識と、克服すべき問題の過干渉、そして克服方法がわかります。

アダルトチルドレンを克服して、あなたの人生を幸せに導きましょう。

ケアテイカー(リトルナース)の克服

ケアテイカー(リトルナース)の克服①

ケアテイカー(リトルナース)の克服する問題は、親子関係でも恋愛関係でも夫婦関係でも同じで、まずは過干渉です。

ケアテイカー(リトルナース) は世話役小さい看護師という役割の言葉です。

アダルトチルドレン(AC)の中では、あまり語られないかもしれませんが、毒親という概念からすると過干渉のタイプがいるのです。

過干渉とは「本人の希望」ではなく、干渉する側が主語になります。

誰かのためと言いながら、結局自分のためにする行動や関わりのことが過干渉です。

ケアテイカー(リトルナース)の性質として、「おせっかい」があり、感謝されないと機嫌が悪くなったりキレるという性格傾向があります。

そして、母親になる母性のある女性はもちろん、実は男性もこの傾向をもちます。

文句も言わずお世話をし続けるイネイブラーとの差はこの部分です。

イネイブラーと同じように、親子関係や恋愛関係でも共依存を生みますが、共依存に相手を積極的に巻き込みがちなのがケアテイカー(リトルナース)になります。

お世話が必要なので、ダメ男を捕まえたり、関わりの中でダメ男にする傾向の女性が多いです。

相手のためと思っていることは確かですが、「この世話は感謝や見返りがなくても出来るか?」と自問自答するとはっきり理解できるかと思います。

この点に気が付いたら、自分の過去の経験を癒して、機能不全家族からの影響を断ち切ることが必要です。

こちらもお読みください。→毒親の過干渉の特徴とは?

アダルトチルドレン:ケアテイカー(リトルナース)とは?

アダルトチルドレン(AC)のケアテイカー(リトルナース)とは、機能不全家族の周りの家族に対して、とにかく自分から進んで他人をお世話をし、面倒を見る傾向がある存在です。

ケアテイカーは「世話役」、リトルナースは「小さい看護師」という役割の言葉の意味です。

ケアテイカー(リトルナース)はアメリカのセラピスト、ウェイン・クリッツバーグアダルトチルドレンのタイプを6つに分けたうちの分類には入っていませんが、イネイブラープラケーターと区別してご紹介しています。

このブログでは8タイプご紹介しています。

アダルトチルドレンタイプ

プラケーターは主に感情や情緒を慰める傾向にあり、イネイブラーは行動的に支えます。

イネイブラーとケアテイカー(リトルナース)は似ていますが、行動意図に違いがあります。

イネイブラーは知らず知らずのうちに服従しつつ、献身的に奉仕しますが、ケアテイカー(リトルナース)はある意味でお世話をしながら支配を拡げます。

ですから、イネイブラーは見返りを求めず、ケアテイカー(リトルナース)は見返りがないと手のひら返すのです。

両社とも共依存を生みますが、イネイブラーは下に、ケアテイカー(リトルナース)は上に、立ち位置を取りがちです。

これらの分類や役割は要素であるため、入り混じることは多々あります。

かにまろ

かにまろ

これだけやってあげてるのに!と怒るのはケアテイカー(リトルナース)の特徴です。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

過干渉

ケアテイカー(リトルナース)の克服する問題の一番は過干渉です。

過干渉は、ケアテイカー(リトルナース)が相手のためにと思っていても、相手の感情や意思を知らぬうちに排除して、相手を苦しめるという結果をもたらします。

よく言われる「あなたのために」という言葉は、響きが良いかもしれませんが、相手の意見や感情、意思を聞いていますか?という問題が起きます。

過干渉を受け入れてしまうタイプの人は、そもそも支配か服従かで言うと、服従を求めるタイプです。

ですが、本人も気が付かないうちに、感情や意思を抑圧しているので、うつ症状などの心身の症状が発します。

さらに先ほどの「あなたのために」という言葉は、頻繁に言われると、相手に罪悪感を植え付けます

人は普通、どんな相手のことでも嫌だとおもったり、離れたくなったり、自立したいと思うことはあります。

それが、「あなたのために」と言われ続けることによって、あんなに自分を想っている人を裏切る自分はダメな奴だという考えが始まります。

この考えがどれだけ不健全かというと、ケアテイカー(リトルナース)のお世話を受けている時は苦しく、逃げたいと思っても罪悪感が起きて苦しく 、何をどうしても苦しいという道しかなくなるのです。

その結果、本人の感情と意思の出口がなくなります。

出口のないものは、いつか爆発してしまいます。

過干渉に育てられた人たちが、なぜか生きづらさを抱えたり、うつや摂食障害が起き、自傷行為などをするのは、「出口がない」からです。

こちらもお読みください。→毒親が罪悪感を植え付ける?

お世話をやめる

ケアテイカー(リトルナース)が過干渉を克服するのは、端的に言えばお世話をやめることです。

「お世話」というと漠然としていますが、おせっかいと呼ばれることはすべてやめることです。

ケアテイカー(リトルナース)は、家族や子ども、恋人の動向が気になります。

自分の支配下にいて、自分のわかる範疇で予想通りに過ごしてくれることを望みます。

そして、常日頃感謝をされたいと思っています。

これらは、機能不全家族の親が同じような過干渉をしていたか、弱弱しい親や周りの兄弟姉妹が常にお世話を必要として、ケアテイカー(リトルナース)が大人びて面倒を見て、しっかりしなければいけない状況だったことが原因です。

子どもの頃から培ったお世話は、ケアテイカー(リトルナース)の存在価値になっているために、簡単には手放せないかもしれませんね。

でも、相手のことを想うなら過干渉は苦しめるのだと理解しましょう。

こちらもお読みください。→機能不全家族とは?

相手の自立を促す

ケアテイカー(リトルナース)を克服するには相手のお世話をやめることとお伝えしました。

ケアテイカー(リトルナース)は実は寂しいので、そんなこと出来るかと心配でしょうね。

けれど、本来は人の幸せは自立して初めて掴めるのです。

ケアテイカー(リトルナース)自身もいつまでも相手のお世話を存在意義にしているからこそ、相手次第の他者に依存した幸せになってしまい、満たされない感覚に襲われ続けるのです。

お世話をしてもしても、満たされずに感謝されないと怒りになって、余計相手を縛り付けるというループが長い間続いていませんか?

例えば子育てなら、「自分がいなくなっても生きていけるようにする」ことが子どもの幸せのためです。

依存的な関わりで縛ったら、お母さんやお父さんがいなくなった時にどうしたら良いかわからない子になります。

そうでなくても過干渉は子どもの精神を蝕んでいます。

ケアテイカー(リトルナース)の気を付けるべきポイントは相手の自立を促せる関わりか?です。

見返りがなくても平気になる

ケアテイカー(リトルナース)の克服する問題の一つに見返りがなくても平気になるという点があります。

ケアテイカー(リトルナース)は感謝や見返りを得られることで、お世話を頑張り続けるタイプなのです。

アダルトチルドレンは機能不全家族の家庭環境の中で、対等な人間関係や無条件の愛情を学べていません。

関係性はどうしてもどちらかが上か下になり、愛情はどうしても条件付きになっています。

お世話をするケアテイカー(リトルナース)が下の立場かというと、そうでもなく上の立場で相手にお世話をすることで何も言えなくして支配するタイプです。

支配することが見返りでもあるので、自立するような気配が見えることを恐れます。

子どもに友人が出来たり、恋人が出来たり、結婚となったら一大事です。

このような外での関係性に対して、心がざわつき、いても立ってもいられなくなったら、子供自立を怖がっているということです。

子どもはいつか離れていくもの、感謝されずとも、見返りがなくても平気になることが、ケアテイカー(リトルナース)の本当の意味での幸せになります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:ケアテイカー(リトルナース)とは?

満たされない気持ちを埋める

ケアテイカー(リトルナース)の克服には満たされない気持ちを埋めることがポイントです。

何かをすること(条件)があって、初めて認められたケアテイカー(リトルナース)には、無条件の愛情を感じることが必要です。

何が出来なくても、何をしなくても、存在をそのまま認めて、あるがままに対してOKを出すことが必要なのです。

考え方の一つとして、マインドフルネスの中にセルフコンパッションという方法があります。

セルフコンパッションは自分に対して「慈愛を向ける方法」です。

自分を他人のようにとらえて、自分に対して日ごろの感謝とねぎらい、いたわりの言葉をかけていくのです。

ポイントは自分が心から欲しい言葉を自分にかけること。

「そのままでいいんだよ」「そのままで大切だよ」「何もできなくても愛しているよ」と自分に対して言葉をかけてみましょう。

セルフコンパッションのポイントは「思い切り自分を甘やかしてOK」というところです。

「さみしかったね」「つらかったね」など、自分を認め許し、どんな自分でも大切な自分だと声をかけてくださいね。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン克服方法

ケアテイカー(リトルナース)が取り組む具体的な克服方法

ケアテイカー(リトルナース)が取り組める具体的な克服方法にインナーチャイルドセラピーとカウンセリングがあります。

インナーチャイルドセラピー

先ほどのセルフコンパッションも心理的に大切な方法の一つですが、インナーチャイルドの癒しもパワフルです。

私の扱うNLPでは、インナーチャイルドを癒すのに具体的な過去を使います。

過去は無数にあって大変と思いがちですが、私たちの無意識はパターン化して捉えているために、実は思っているよりも少なくて有限です。

試しに嫌な過去を書いてみてください。

100個も書けず、「うーん」とうなってしまうはずです。

その思い出の数だけ、インナーチャイルドたちを救っていくのです。

ケアテイカー(リトルナース)なら、親のお世話をして、自分自身を犠牲にして我慢し続けた過去の感情を癒して解き放ちましょう。

ケアテイカー(リトルナース)は本当は自分がしたいことは別にあったはずです。

子どもらしく心から笑って遊びたかったのではないでしょうか?

インナーチャイルドの癒しはパワフルですので、自然とお世話をしなくなり、あなた自身も活気にあふれ不安やストレスが減り、あらたな人間関係を築くことが出来るようになります。

こちらもお読みください。→インナーチャイルドとは?

アダルトチルドレンのカウンセリング

ケアテイカー(リトルナース)を克服するには専門家の力を借りるのも手です。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは、あなたのパターンをカウンセラーが見抜いて、適切な過去を癒していくため想像以上に早く効果が出ます。

ケアテイカー(リトルナース)は、両親から与えられなかった自己肯定感を育て、他人の世話をしなくても、周りの状況がどんなであっても幸せを感じられるようにすると悩みが解決できます。

私、いわぶちもNLP(神経言語プログラミング)で具体的に過去を癒しまくって、アダルトチルドレンを克服しています。

NLPカウンセリングは特別なので、お話したくない過去も扱えますし、方法を覚えてしまえば自宅でもどんどんできます。

戦争後遺症のトラウマを解消しているようなスキルもあり、あなたのトラウマも癒せます。

長年変わらなくてあきらめていたことも、過去の経験を癒すことで、これからの人生の可能性を切り開くことができますよ。

カウンセリングで生き方を根本的に変えてしまいましょう。

短期療法のNLP(神経言語プログラミング)のカウンセリングはこちらです。→アダルトチルドレンのカウンセリング

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA