実践心理学の無料動画🎁

アダルトチルドレンの原因:共通する原因とタイプ別原因を詳しく解説

10 min
アダルトチルドレンの原因①

アダルトチルドレン(AC)という言葉は、機能不全家族内でトラウマや生きづらさを抱えて、大人になっても人生に困難を抱える人たちという意味です。

機能不全家族の問題と一言で言っても、アダルトチルドレンにはタイプもあり、毒親との関係も指摘されます。

そこで、アダルトチルドレンになる大きな原因と、家庭内の親や兄弟姉妹との関係でわかれるタイプの原因をくわしく解説していきます。

この記事で解決できるお悩み
  • アダルトチルドレンの原因とは?
  • アダルトチルドレンのタイプごとの原因とは?
  • アダルトチルドレンの原因から回復するには?

この記事ではアダルトチルドレン(AC)が生まれてしまう原因と、アダルトチルドレンの各タイプごとの原因をお伝えしています。

アダルトチルドレンの原因を理解することで、アダルトチルドレンを克服し、人生を生きやすくなる知恵にお役立てください。

岩渕 洋

岩渕 洋

介護職7年で生み出した鬱を再発させない
おだやかで根底から優しい人になれる歴史17年のNLP
【日本NLP学院】
2代目学院長・NLPトレーナー歴8年・カウンセラー歴10年。
8年間 精神障碍者の復職支援プログラムにNLPを提供。
トラウマ解消から自己実現まで人生好転の成果を出している。

実践心理学NLP・完全無料プログラム

アダルトチルドレンの原因とは

アダルトチルドレンの原因①

アダルトチルドレンの原因とは、アダルトチルドレンを生む機能不全家族や、その中の毒親と家族の世代間連鎖が理由です。

また、発達障害などでコミュニケーションの特性によるすれ違いや、子どもの受け取りの問題も少なからず生きづらさになることもあります。

機能不全家族が原因

アダルトチルドレン(AC)の原因の一つは機能不全家族が理由です。

機能不全家族とは、親が嗜癖問題(アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、セックス依存症、仕事依存症(ワーカホリック))であったり、虐待や精神的虐待、性的虐待やネグレクト(育児放棄)などがあり、親の役割が機能していない家族のことをいいます。

もともとは、アルコール依存症の子どもたちが、成人してからも人生で生きづらさを抱えていることから名づけられたアダルトチルドレン(AC)という名前でした。

ですが今は、アダルトチルドレンの名前は、親が原因で生きづらさを抱えている子どもたちに範囲が広がっています。

こちらもお読みください。→機能不全家族とは?

毒親が原因

アダルトチルドレンの原因の一つは毒親が理由です。

毒親という名前はスーザン・フォワードというカウンセラーが使いだした「毒になる親」の略称で、子どもに生きづらさを与える親のことを指して言います。

毒親は過干渉や無関心、共依存、暴力や支配、否定などで子どもに生きづらさを与えます。

毒親に育てられた子どもたちを「毒親育ち」と言いますが、毒親育ちはいわゆるアダルトチルドレンと同じ意味です。

参考

スーザン・フォワード著『毒になる親 一生苦しむ子供』(講談社 2001/10/20)

過去のトラウマが原因

アダルトチルドレン(AC)の人たちは、何かしら幼少期にトラウマを抱えています。

虐待や暴力、言葉の暴力はもちろん大きなトラウマです。

しかし、日常的な「からかい」や否定、目の前で何かを壊したり、暴力をふるう仕草、両親の喧嘩なども子どもにとっては非常に大きなトラウマになり、自己否定や自信のなさにつながるのです。

トラウマを抱えると、日常的に不安や緊張の度合いが高くなり、ちょっとしたことや人間関係においても怯えて、心身にストレス症状として表れやすいです。

機能不全家族の中で育った場合に、摂食障害や自傷行為などの自罰的な行為や、強迫性の症状、恐怖症、うつ症状などが普通に比べて表れやすいです。

両親との歪んだ人間関係が原因

機能不全家族の親は毒親で、子どもに歪んだ価値観を伝えます。

毒になる親は、自分自身歪んだ価値観の家庭環境に影響を受けているせいで、親のあるべき姿や子育てに大切なこと、愛情表現などが上手くできません。

毒になる親は、支配や否定、過干渉や共依存、暴力や精神的な言葉の暴力、虐待や性的虐待、ネグレクト(育児放棄)など様々な機能不全の関わりで子どもの人生が困難になる価値観を植え付けます。

そして毒親育ちの子どもたちも、毒親と同じように人生に困難を抱えるのです。

世代間連鎖が原因

アダルトチルドレンの原因の一つは、世代間連鎖が理由です。

アダルトチルドレンも毒親も、同じように連鎖をすることが問題になります。

毒親に育てられた子どもたちは生きづらさを抱えていて、親のようにはならないと言いながらも、自分が同じような問題を抱えたり、親と似たようなパートナーを選んで、同じような苦しみの中に身を置きがちです。

そして、その子どもたちもまた、同様の苦しみを抱えがちになります。

発達障害などが原因

アダルトチルドレンの原因の一つは発達障害などが理由です。

親や子どもが発達障害である場合、彼らの子育ての関わりの問題や、子どもの受け取りの問題も起きます。

例え適切な関わりであっても、受け取りの問題で生きづらさが生まれることもあるのです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンのタイプごとの原因とは

アダルトチルドレンのタイプはそれぞれ親の関わりや、性別兄弟姉妹の相関関係で違いが生まれます。

正確にはタイプは要素であり、どんなアダルトチルドレン(AC)の人たちも様々な要素が入り混じる可能性が十分にあります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレンタイプ診断

ヒーローが生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のヒーロータイプが生まれる原因は、親の喧嘩や不和などが日常的にあり、そのはけ口に子どもに過剰に期待することが理由です。

ヒーロー英雄という役割の言葉の意味になります。

ヒーローが何か親の期待に沿ったことをした時に、機能不全家族の不和や喧嘩がおさまるという成功体験が生まれると、ヒーローは親の期待に沿うために努力し続けます。

ヒーローは、実はとてもアンバランスな中での努力になり、生きづらさを抱えることになります。

なぜなら、親の期待に沿うことが使命であり、他人の評価を大変気にしている反面、自分自身が本心でやりたいことを頑張っているわけではないのです。

そして、完璧主義もあり、挫折や失敗を恐れるあまりに、どんどん自分を追い込んでいきます。

ヒーロータイプの要素としては長男長女に多いタイプです。

カウンセリングに来るヒーロータイプの悩みは、自分を追い詰める考え方、完璧主義や白黒思考、仕事依存症の行動パターン、休むことへの罪悪感を解消して生き方そのものを変化させたいということが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:ヒーローとは?

ピエロ(クラウン、マスコット)が生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のピエロ(クラウン、マスコット)タイプが生まれる原因は、親による虐待や精神的虐待、両親の喧嘩や不和などが日常的にあることが理由です。

ピエロ(クラウン、マスコット)は道化師という役割の言葉の意味になります。

また、機能不全家族の兄弟姉妹の中では末っ子であることが多く、他の兄弟姉妹のバランスの中では可愛がられるタイプになります。

毒親が兄弟姉妹を差別している場合は、愛玩子と呼ばれる役割になり、溺愛を受けますが、生きづらさがないわけではありません。

ピエロは両親の喧嘩を防ぐためや、他の兄弟姉妹が怒鳴られたり虐待されるのを防ぐために、おどけたり笑わせたりしてその場の緊張をなくそうと頑張っています。

ピエロがニコニコして笑顔でいることや、急におどけて笑わせたり、歌いだしてびっくりさせたりするのは、彼らの場の空気を変えるための必死の抵抗なのです。

また、周囲の評価を過剰に気にしているので、そこも生きづらさを生む問題点です。

ピエロたちが恐れているのは、両親の虐待や暴力、不和や喧嘩などで、心の中では大きなトラウマとして抱えています。

心の中にトラウマがあると日常的に不安や緊張が高くなり、いつも心が休まりません。

ピエロは抱えているトラウマが大きいための笑い癖であり、実はいつフラッシュバックが起きてパニックになってもおかしくはありません。

ですから、学校や社会に出ても、人間関係で常に緊張し、誰かが怒らないかびくびく怯えています。

カウンセリングに来るピエロタイプの悩みは、穏やかな表情からは通常はわからない大きなトラウマ経験や、笑い癖でコミュニケーションにおいてわかってもらえないということが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:ピエロとは?

スケープゴートが生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のスケープゴートタイプが生まれる原因は、親や他の兄弟姉妹など他の家族にいわれのない非難や批判、否定などを一身に受けてしまったことが理由です。

スケープゴートは生贄犠牲者という役割の言葉の意味になります。

機能不全家族の両親自体が毒親であり、暴力や虐待を受けている可能性がありますが、そのためにスケープゴートの子どもに対しても同じような扱いを連鎖させます。

親の再婚相手から虐待を一人だけ受ける子などの例がありますが、なぜかこのように一人だけ生贄のように的にされがちです。

毒親が兄弟姉妹を差別している場合は、搾取子と呼ばれる役割になり、一番損を引く役目になります。

スケープゴートには4種類ほど現れ方があります。

一つ目は、問題児悪い子タイプになって、非行や犯罪などに染まったり、親の嗜癖行動(アルコール依存症や薬物依存症)などに巻き込まれたりする非行型です。

二つ目は、家で虐待や暴言を吐かれるのと同様に、学校などでもなぜかいじめられてしまう、いじめを受ける型です。

三つ目は、そんな自分を罰する行為に走る自傷行為型で、摂食障害や自傷などがあります。

四つ目は、疾病利得を利用して、機能不全家族の中を取り持ったり、優しくされようとする身体的な弱者型です。

いずれにしても、機能不全家族において、虐待や暴力、喧嘩や不和があって、それらのせいでスケープゴート(生贄)が生まれます。

スケープゴートは、大きなトラウマを抱えていて、人間不信が大きくや自分を大切にする感覚が持てません。

そのため、人間関係でトラブルに巻き込まれる可能性が成人してからもとても大きいのです。

カウンセリングに来るスケープゴートのお悩みでは、家族から受けた大きなトラウマ経験や、摂食障害、自傷行為などを克服したいというものが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:スケープゴートとは?

イネイブラーが生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のイネイブラータイプが生まれる原因は、機能不全家族の親が親の役割を放棄してしまったことが理由としてあげられます。

イネイブラーは世話役救済者などの役割の言葉の意味になります。

親の役割の放棄といっても様々で、ネグレクト(育児放棄)嗜癖(アルコール依存症、薬物依存症、セックス依存症、ギャンブル依存症、仕事依存症)などによって親らしいことが出来なくなっている場合や、身体が弱くて世話をしなければいけない状態などがあります。

また、イネイブラーは長男長女など、役割的に自然としっかりするタイプがおこなう場合が多いです。

親が親の役割を放棄したことで、イネイブラーは自然と大人びてしっかりしなければいけなくなっています。

ですが、そこは子どもなので、問題解決が出来るはずもなく、例えばアルコール依存症の親が眠ったら布団をかけたり、食器を洗ったりなどの対処療法的なお世話ばかりが身に付きます。

イネイブラーはこのように対処療法的な関わりの過剰なお世話は上手なのですが、根本的な問題解決は苦手であり、無意識に解決を避けようともします。

それは長い間のお世話の役割が自分の存在価値となってしまったという面もあるからです。

大人びてしまうと子どもらしさの経験が奪われ、成人してから感情の抑圧で生きづらさを感じることが多いです。

カウンセリングに来るイネイブラーのお悩みは、恋愛や夫婦関係において、自分のお世話がためにならないことやこの行為から解放されて、新たに幸せな人生やパートナーを掴みたいというものが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:イネイブラーとは?

プラケーターが生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のプラケータータイプが生まれる原因は、機能不全家族の両親や兄弟姉妹の情緒が不安定であったことが理由です。

特に母親と娘の関係で生まれやすいのが、プラケーターです。

プラケーターは慰め役という役割の言葉の意味になります。

プラケーターという役割は、落ち込んだり悲しんだり怒ったりしている家族の感情をいち早く察して、感情に寄り添い慰めるという行動傾向にあります。

プラケーターは弱弱しい人と、優しい人の中で起きた必然的なタイプとも言えますが、親子の立場が逆転しているという不健全な形です。

プラケーターは特に自分で問題を起こすことはありませんが、自分の問題を棚上げして、感情に寄り添い慰めをしています。

プラケーターも子ども時代からの癖であり、問題解決をするわけではなく、イネイブラーと同様に無意識に問題解決を避けます。

これも慰め役という役割に存在価値を見出してしまったために起きる無意識の抵抗です。

これは母親から感謝の言葉などで慰めの行動が強化されてしまった結果です。

カウンセリングに来られるプラケーターのお悩みでは、人のことを気にしている時間が多いので、知らず知らず内になぜか苦しくなっている生きづらさから解放されたいということが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:プラケーターとは?

ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)が生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)タイプが生まれる原因は、機能不全家族の親が無関心やネグレクト(育児放棄)、もしくは過干渉をすることで、親との関わりを避けるようになったことが理由です。

ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)はいない子迷子という役割の言葉の意味になります。

無関心やネグレクト(育児放棄)は、子どもにとって何をしても無意味という感覚を植え付けます。

すると、学習性無力感がおきて、無気力無関心になり、最低限の関わり以外は親と関わらないという選択をして傷つかないように自分を守ります。

また、過干渉も同じで、親が関わりすぎることが子どもの感情や自由意思をはく奪してしまうので、それがきっかけで親とは距離を置いて過ごすことを選択します。

他にも虐待や暴力、精神的虐待や性的虐待があることで、親から距離を置くようになったり、兄弟姉妹が別のタイプになることで相対的にロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)を選ぶこともあります。

カウンセリングに来るロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)タイプの悩みには、楽しめないことを改善したい、もっと本当は周囲との人間関係を改善して社会と関わりたいということがあります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:ロストワン(ロストチャイルド、ロンリー)とは?

ケアテイカー(リトルナース)が生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のケアテイカー(リトルナース)タイプが生まれる原因は、機能不全家族の親が親の役割を放棄したり、世話を焼かなければいけない兄弟姉妹が存在したことが理由です。

ケアテイカー(リトルナース)は世話役小さい看護師という役割の意味の言葉になります。

ケアテイカー(リトルナース)はイネイブラーと同じように、親が役割を放棄したことによって、親の役割を肩代わりし、相手の世話をすることを存在意義としています。

ただ、イネイブラーは特徴として文句も言わず、当たり前のように自己を犠牲にして、献身的にお世話をする傾向です。

これに対して、ケアテイカー(リトルナース)は、感謝や見返りを求めますし、自己を犠牲にすることはありません。

ただ、両者に共通するのは過剰なお世話で、イネイブラーは相手のためにならないお世話、ケアテイカー(リトルナース)は相手が嫌がるほどのおせっかいなお世話の違いがあります。

ケアテイカー(リトルナース)は、どちらかと言うと、親が弱弱しくいたことで、「お世話をしてあげてる」という感覚をもったり、そもそも親がケアテイカー(リトルナース)の気質であったために、それをコピーして生まれた可能性があります。

ケアテイカー(リトルナース)は長男長女に多い気質で、彼らは自然と大人びてしまい、子どもらしさを経験できずに生きづらさを抱えます。

カウンセリングに来るケアテイカー(リトルナース)の悩みは、自分が過干渉をせずにはいられずに困っているということが多いです。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:ケアテイカー(リトルナース)とは?

プリンス(プリンセス)が生まれる原因とは

アダルトチルドレン(AC)のプリンス(プリンセス)タイプが生まれる原因は、機能不全家族において異性の親が勝手に理想や期待を押し付けて言いなりにすることが理由です。

プリンス(プリンセス)は人形優等生という役割の言葉の意味になります。

プリンス(プリンセス)の親は自分の理想や期待、叶えられなかった夢などを、子どもの意思や感情とは別にしてコントロールし過干渉で押し付けます。

過干渉は子どもの意思と感情を無視しておこなう、親の自己満足の関わりであり、過干渉をされた子供は心を閉じ込め抑圧し、生きづらさを感じます。

また、長い間過干渉された子どもは、大人になってからも自分の感情や意思を相手に表現することが出来ず、責任を取ることや人間関係を構築することも苦手になる傾向があります。

また、親にすべてを任せてきたために、共依存の体質にもなりますし、成長して大人になってからも周囲の評価を気にしすぎて心が休まらないです。

カウンセリングに来るプリンス(プリンセス)タイプは、仕事で自ら考えなければいけない場面や、考えや意見を求められる場面において、固まってしまって頭が働かないという悩みをもっていることがあります。

こちらもお読みください。→アダルトチルドレン:プリンス(プリンセス)とは?

アダルトチルドレンの原因から回復するには?

アダルトチルドレンを克服するには、過去のトラウマや両親との関係を癒していくことが必要です。

NLP(神経言語プログラミング)では、過去の経験を無意識から癒すことが可能です。

過去の経験や状況を記憶から引き出して、体験的に直接癒す方法をおこないます。

お話を聴くだけという手法ではありません。

心理療法(セラピー)で、無意識的に起きている思考パターンや行動パターン、習慣なども変化させていきます。

過去の傷を抱える子ども時代の傷を「インナーチャイルド」と言います。

インナーチャイルドを癒すことが、あなたのトラウマを解消する近道です。

トラウマがなくなる結果として身体症状にも良い変化が起きる可能性が多々あります。

NLPの講座やカウンセリングの成果や結果は、日常生活で生きづらさの変化を感じてください。

NLP(神経言語プログラミング)は短期療法のため、比較的スムーズに時間がかからずアダルトチルドレンを克服することが出来ますよ。

アダルトチルドレンの生きづらさを克服する方法

アダルトチルドレンの生きづらさを克服するには、潜在意識がもっている過去の経験のつらい記憶を癒していくことが近道です。

そうすると、今まで囚われていたパターンから抜け出します。

そして、人生好転の歯車が回りだすのです。

もし、アダルトチルドレンの生きづらさも人生もまるっと改善したいなら、どうぞ↓をご覧くださいね。

日本NLP学院・完全無料プログラム

以下の記事を合わせてお読みいただくとアダルトチルドレンへの理解が深まります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

アダルトチルドレンも人生もまるっと好転するには↓

過去は変わると思いますか?心は変わると思いますか?

有名な言葉があります。
心理学者のウィリアム・ジェームズが唱えた言葉です。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

つまり、心が変われば運命が変わるのです。

どういうことでしょう?

あなたの心は過去の経験の延長に形作られています。
そして、外の世界に反応をし続けます。
一度作られたプログラムは繰り返されます。

常識ではね。。。。

あなたが、
ある経験に対して反応したプログラムの延長が
今と未来を作っているのです。

これを変えることは出来るのか?

出来るんです!

つまり
ある経験に対する反応のプログラムを変えられたら
今と未来が変わるといえるのです。

違う言い方をすると…。

一般的に過去は変えられないと言われますね。
実際、過ぎた事実は変わりません。

じゃあ、過去は変わらない?

そんなことはありません。

私たちは過去の事実を事実だけでとらえず解釈しています。
この解釈が私たちを縛るプログラムです。
その解釈を変えることは出来るのです。

NLPは脳と心の取り扱い説明書と言われるように、
・過去の解釈を変えること
・今の心の状態を変えること

にとても優れています。

最近、映画やアニメ、小説などでも
タイムリープもの(過去をやり直すもの)をよく見ますね。

古く言えばドラえもんもそうです。
のび太の過去をやり直すために来ています。

あなたがドラえもんになって
あなたを救うことが出来るのがNLPなんです。

実際に変化が起きると
「パラレルワールド(並行世界)」にくるって
こういうことかと感じますよ。

今までの延長を抜け出しますからね。

囚われから抜け出し、選択肢が増えます。
今までの世界とは違う認識を心から感じ出します。

その心の状態で生きると
可能性や引き寄せを感じずにはいられません。

もしも、自分の人生や運命を変えたいなら、ぜひ登録してくださいね。

実践心理学NLP・完全無料プログラム
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA