カウンセリングメニュー

NLPのサブモダリティーチェンジ:過去の感情をリセットするワーク

サブモダリティーチェンジ①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

NLPのワークには記憶の印象や感覚を変えて、体験したはずの経験自体を変えてしまい、価値観や行動・習慣を変えてしまう方法がたくさんあります。

その基本であるサブモダリティーチェンジをお伝えします。

この記事で解決できるお悩み
  • NLPのサブモダリティーチェンジとは?
  • サブモダリティーチェンジの具体的な方法とは?

この記事では過去の感情を変えるNLPワーク・サブモダリティーチェンジをお伝えしています。

NLPのサブモダリティーチェンジとは?

サブモダリティーチェンジ①

サブモダリティーチェンジは、過去の記憶の「印象」を五感を通して変えて、苦手やうまくいっていないパターンを修正し、克服することのできる基本的なNLPワークです。

私たちは五感を通して記憶し、記憶を行動や習慣・価値観などにプログラムしていきます。

記憶によるプログラム化は感情や生理的な反応の「強度」と経験回数の「頻度」で定着していきます。

そして、印象的な場面は、苦手やうまくいっていないパターンの原因となっていることがあります。

例えば、過去に小学校の5年生の時に「鉄棒」をみんなの前で失敗してしまった30代女性の方は、その経験を強く感じてしまい、その後の人生でで同年代が苦手になったり、運動が嫌いになったり、人前に立つのが苦手になったことを経験していました。

この場面を思い出してもらい、視覚・聴覚・触覚の要素を変換していくのが、サブモダリティーチェンジというNLPワークです。

狙いは、同年代の苦手や運動に対する嫌悪、人前での緊張の克服になります。

サブモダリティーとは?

サブモダリティーとは、言語学的にサブ(副)モダリティー(主観的な気持ち)という意味の言葉です。

ある記憶を思い出した時に、その記憶を構成する五感の細かな要素のことを言います。

視覚であれば、明るさや色合い、聴覚であれば、音の高さ、速さなど、触覚であれば、暑さや圧力などです。

五感を構成するサブモダリティーについてはこちらで詳しく説明しています。→サブモダリティーとは?

サブモダリティーチェンジの具体的な方法

サブモダリティーチェンジのアプローチ方法はいくつもありますが、代表的なものを紹介いたします。(ご紹介版になります。詳細は講座で学べます。)

  1. STEP

    変えたいパターンの記憶を選び、しっかりと思い出します。

    「何が見える・何が聞こえる・何を感じる」を視覚・聴覚・触覚で確認して、その時の感情をしっかりと感じます。

    鉄棒が目の前に見えて、みんなの笑う顔が見えて、先生が少し困った顔をしている。学校の校庭にいるのに、自分の周りしか見えない。笑う声と笛の音が聞こえて、ひそひそ声も聞こえる。鉄棒の感触が手のひらにあり、砂埃のようなにおいがして、胸が締め付けられる。

  2. STEP

    サブモダリティーの印象を変化させる。(印象を薄める)

    先ほど思い出した印象を薄めていきます。

    視覚のサブモダリティーであれば、カラーを白黒やセピアにしたり、鮮明なのをぼやかしたり、近くのものを遠ざけたり、距離や位置を変えたりします。

    聴覚であれば、そもそものボリュームを下げたり、音を高くしたり低くしたりします。

    触覚であれば、鉄棒を柔らかくしたり、深呼吸をして、胸をの締め付けをやわらげるイメージをします。

    ポイントは、「良い感じや楽になる感じ」になる方向へ変えることです。

    人や記憶によっては逆にする方が良い場合もありますので、ご自身で調整します。

    印象が下がったらOKです。

  3. STEP

    一旦ブレイクステイト(中断)して別のことを考えます。

    ワークを一度中断して、深呼吸したりさっき食べたものなどを思い浮かべ、頭をリセットします。

  4. STEP

    再度、先ほどの変えたいパターンの記憶を思い出します。

    見える、聞える、感じる、を思い出しながら、気持ちの違いや感じ方の違いを確認しましょう。

    気持ちに変化が起きて、楽になっていれば成功です。

簡単に説明させていただいていることをご了承ください。

また、強すぎるトラウマは、一人ではやりにくいと思いますので無理はしないでください。

NLPの講座やNLPカウンセリングでは、あなたに合わせてよりスムーズにお伝えしています。

無意識からアプローチしているからパターンを解消できる

NLP(神経言語プログラミング)は無意識からアプローチしているので、変化が早く短期療法と呼ばれます。

一般的には、鉄棒で嫌な経験をした30代女性は以下のようなことで傷つきます。

苦手やトラウマで困る例
  • 子どもの時のことなんだから、いい加減大人になりなよと言われる
  • 気にしなければ良いと様々な本に書いてあるが、自分にはできなくて落ち込む
  • 周囲からはわかってもらえない悩みのため、自分がおかしいの?とますます落ち込む

困るのは、わかっているけれど出来ないからですよね?

NLPでは無意識からアプローチするため、出来ないを解消していきます。

自然と緩んで出来るようになったら、感情や反応も自然と変わります。

そして、様々なことにも活用出来て人生を変えることが出来ます。

NLPのサブモダリティーチェンジを学ぶには

サブモダリティーチェンジを学ぶには、NLPのベーシックコースで学ぶことが出来ます。

天才のセラピスト達の技法を人生に活かすと、あなたのOSがバージョンアップしますよ。

NLP(神経言語プログラミング)はコミュニケーション、コーチング、カウンセリング、セラピーなど、様々なテクニックを一気に身につけることが出来ます。

NLP(神経言語プログラミング)の詳細はこちらです。→NLPとは?


家族・友達・サポートランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA