カウンセリングメニュー

NLPのラポールとは?コミュニケーションの関係を意味する心理学用語

ラポールとは?①
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

ラポールは、コミュニケーションにおいて「信頼関係」を意味する心理学用語です。

仲が良い家族や友人、恋人、仲間の間にはこのラポールが形成されていると言います。

このラポールを意図的にスムーズに形成することが出来ると、様々なコミュニケーションの場面で比較的に楽にコミュニケーションをとることができて、人間関係の構築にも有効です。

このラポールについて解説したいと思います。

この記事で解決できるお悩み
  • ラポールとは?
  • ラポールが必要とされる様々な場面と効果
  • ラポール形成の方法

この記事ではカウンセリングやコーチングでも使われて、コミュニケーションにおいて基本となるラポールについてわかりやすくお伝えいたします。

NLPのラポールとは?

ラポールとは?①

NLPのラポール(rapport)という言葉は、フランス語の「関係」を意味する言葉で、主にカウンセリングやコーチングなどの現場で、カウンセラーとクライエントのコミュニケーションにおける「良好な信頼関係」を意味する心理学用語です。

ラポールが形成されると、コミュニケーション相手の感情の中に、安心感が生まれてその後のコミュニケーションがスムーズになります。

コミュニケーション相手はあなたに理解され受容されていると感じるため、あなたの意見や提案を自分の中にスムーズに受け入れる準備が整っている状態なのです。

NLPのラポールを構築するメリットと活用シーン

ラポールを構築するメリットは、コミュニケーションにおいて「信頼関係」が結べ、その後のやり取りがスムーズになるということです。

ラポールが形成されると、お互いの意図が伝わりやすくなるので、会話がはずみ、コミュニケーションに夢中になれます。

カウンセリングやコーチングにおけるメリット

カウンセリングやコーチングでラポールが築かれると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

カウンセラーやコーチとクライエントとの関係においてラポールが築かれると、その後のセッションが有効に働きやすいばかりか、成果も出やすくなります。

カウンセリングやコーチングはアドバイスではありませんので、クライエントの心理状態がとても重要になります。

心理状態が良くないと、成果は出にくいものです。(心理状態のことをNLPではステートと言います)

カウンセリングやコーチングにおいては、ラポールを築けるか否かがとても重要な位置を占めているのです。

ビジネスにおけるメリット

ラポールは良好な信頼関係を表す心理学用語であると言いましたが、最近ではビジネスの場面でも活用できるために注目が集まっています。

仕事においては、限られた短い時間で、しかも初対面の人と一緒に仕事をしたり、営業の得意先でプレゼンや商談を成功させたいシーンもあると思います。

そのような大切な時にもしもラポールを築くスキルがあれば、短い時間であろうと初対面の人であろうと大勢の人だろうと、上手くコミュニケーションを進められる可能性がぐんと高まるのです。

営業の成績が良い人や、実績のあるカウンセラーはこのラポールの必要性を知っていて、さらにラポールを築く能力を磨き上げていることがわかっています。

また、上司と部下の信頼関係の構築や、多くの人への影響力という意味でも、ラポールというコミュニケーションスキルを身につけていて損はしません。

医療業界や福祉業界の教育の現場におけるメリット

またラポールが注目されているのはビジネスの現場だけではありません。

最近注目されているのは、医療や福祉、介護業界や保育、教育の現場などです。

ラポールが注目されているというよりも、より良いコミュニケーションが求められていると言えるでしょうか。

ラポールは相手の無意識レベルとつながって共感や安心感、親近感を与える信頼関係です。

基本的なことがしっかりできたら、具合の悪い患者様、認知症の高齢者の方や、まだ言葉が話せない乳幼児、子どもたちに対しても安心を伝えて、効果を発揮することができます。

家庭におけるメリット

NLPの講座を受ける方の中には主婦の方も多く見受けられます。

家庭でのお子さんの対応や、夫婦関係や親子関係の改善のためにいらっしゃるわけですが、ラポールの築き方を学ぶことで、大切な方とのコミュニケーションが改善されるという報告をたくさん聞きます。

ラポールを築くということは、コミュニケーション相手の世界とあなたの世界を再び優しくつなげることだとも言えます。

NLPのラポールを形成する方法

ラポールの構築方法には心理学的に具体的な重要テクニックがいくつかあります。

ラポールが形成されるとお互い理解し合える感覚が生まれて、その後の人間関係がスムーズになります。

そのラポール形成の手法についてお伝えいたします。

ミラーリング

ラポールを形成する方法の一つにミラーリングというNLPの手法があります。

ミラーリングはコミュニケーション相手の身体的な動作、姿勢、しぐさ、表情などを同じようにまねることで、相手の無意識に共感と親近感、安心感を与えラポールを築く方法です。

この時、わざとらしく合わせるのではなく、自然に合わせることが必要です。

ミラーリングについての詳細はこちらです。→ミラーリングとは?

ペーシング

ペーシングは、コミュニケーション時に会話において、相手を否定せず話し方を合わせる手法のことです。

話し方とは、相手の会話スピード、声の大きさ、声のトーン、呼吸などの非言語表現のことです。

ペーシングはこのように相手に話し方を合わせることで、共感と親近感、安心感を伝えるラポール形成スキルです。

ペーシングについての詳細はこちらです。→ペーシングとは?

キャリブレーション

キャリブレーションは、相手の言語や非言語のメッセージを観察し、相手の感情や心理状態、身体的な状態の把握など、深い観察をし、正しく認識することが出来るNLPのテクニックです。

五感(視覚・聴覚・触覚)をすべて使い観察していくことが、NLPのキャリブレーションです。

キャリブレーションは、観察することで思い込みから外れ相手の事実を理解することが出来るラポール形成テクニックになります。

キャリブレーションについての詳細はこちらです。→キャリブレーションとは?

バックトラッキング(オウム返し)

バックトラッキングは(オウム返し)は、カウンセリングやコーチングの場面で使われる、会話において相手の言った言葉(キーワード)を、必要以上に変えずにそのまま繰り返して言い返す方法になります。

キーワードを丁寧に繰り返すことで、「あなたの話を聴いていますよ」というメッセージを無意識レベルで伝え、共感と安心感、親近感を伝えるラポール形成テクニックです。

バックトラッキング(オウム返し)についての詳細はこちらです。→バックトラッキング(オウム返し)とは?

いかがでしょうか?

NLP(神経言語プログラミング)には相手の世界を尊重するという考え方があります。

相手の世界を尊重するコミュニケーションには、ラポール「信頼関係」がかかせません。

そのためには、ラポールテクニックを用いて、共感や安心感・親近感を伝えることが必要です。

ラポール形成が上手にできると、今までとは違うコミュニケーションの世界に一歩踏み出します。

是非、あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか?

NLP(神経言語プログラミング)は人生を豊かにして充実させる方法なのです。

NLP(神経言語プログラミング)の詳細はこちらです。→NLPとは?

NLP(神経言語プログラミング)はコミュニケーションをより良くすることが出来ます。

以下の記事を合わせてお読みいただくと、相手から好かれるコミュニケーションの知識が得られます。

NLP用語関連記事:コミュニケーションにおけるラポール形成に必要な知識

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA