カウンセリングメニュー

NLP体験談④離婚によるメンタル不調から回復 高崎綾乃さん

NLP体験談④
いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

恋愛問題や離婚問題で体調を崩すことは良くあるお話です。

NLP(神経言語プログラミング)で離婚問題のメンタルの不調から回復される方もいます。

その貴重なお話を学院の卒業生の高崎さんからおうかがいします。

高崎さんは現在アロマセラピストとしてもご活躍中です。

NLP体験談①離婚によるメンタル不調から回復 高崎さん

日本NLP学院卒業生の高崎綾乃さんのインタビュー記事です。

現在高崎さんはアロマセラピストとしてご活躍中です。

菊地さんの略歴

2人の子供を持つシングルマザー。
夫の自営業を手伝いながら、アロマテラピーインストラクターとして活動するも、
離婚問題に直面し一度は看板を下ろす。
離婚を機に地元に戻り、人材育成会社に就職したことがきっかけでNLPを学ぶ。
また同時にアロマテラピーを使った体質分析法である嗅覚反応分析を学び、現在では、アロマテラピーとNLP(神経言語プログラミング)を融合させたメソッドで主に離婚問題を抱え、ひとりで悩んでいる方が心から満足し幸せヘの道を歩くための橋渡しをしている。

NLPを学ぶきっかけを教えてください。

いわぶち

いわぶち

それでは、よろしくお願いいたします。

はい、宜しくお願いします。
私は嫁ぎ先の愛知で、夫の自営を手伝いながらアロマテラピーインストラクターの資格を取得し、ほそぼそと講師をしていました。
けれど、離婚問題で私のメンタルも体調も崩れ、体重が2か月で8キロ落ちてしまいました。
そんな状態では生徒さんに満足してもらえるサービスは提供できないと思い、一旦アロマテラピーの看板を下ろすことにしたんです。
その後、離婚が成立して地元に戻ってきました。
自営での大変さが離婚の一因でもあったので、シングルマザーとして二人の子供を育てるために、私は定年まで会社員として安定して働き、安定した生活をしたいと考えていました。
ハローワークで事務職を探して、たまたま就職できたのが人材育成会社でした。
アロマテラピーはライフワークにしていきたかったので、おばあちゃんになったらまた携わろうと思っていました。

高崎さん

高崎さん

いわぶち

いわぶち

NLPはどうして学ばれたのですか?

はい。働いていた人材育成会社の代表からメンタル系の資格を取ることを勧められたことがきっかけです。
営業アシスタントとして入社後すぐに「営業アシスタントは3年ね。その後はステップアップを意識して成長していきましょう。」と言われたんです。
さらっと言われたその時の言葉が、私の中でずっと残っていました。
社内で次のステップというのは、営業か講師という道が大きな柱になるのですが、元々アロマテラピーの講師をしていたこともあり、講師を意識していました。
半年くらいたったときに代表が「せっかくだから試しに社内でアロマテラピーの講座をやってみたら。」と声をかけて下さいました。
ただお声掛けいただいた頃は、私がメンタル面で凄く落ちていたときなんです。
「もう頑張れない。」というところまでいき、しまいには会社を出たところで倒れて救急に駆け込むことになりました。
3か月ほど病院に通い、やっと回復してきた頃に、フェイスブックでアロマテラピーの新しい使い方、嗅覚反応分析を見つけたんです。
これだ!と直観的に思い、すぐに講座に申し込みました。
そして止まっていた社内でのアロマテラピーの講座もやらせてもらうことになりました。
講師を目指したいと代表に話した時に、ひとつ専門性を持つこと、そのための資格を取ることを勧められました。
そこで元々興味のあったメンタル系の資格を取ろうとNLPを考えました。

高崎さん

高崎さん

いわぶち

いわぶち

そうだったんですね。NLPはご存じだったんですか?

NLPに関しては、名前だけは存じ上げており、なんとなく興味はありましたが、その時までNLPもよく知らないままでした。
そこで初めてインターネットでいろいろと調べたのですが、たくさんありすぎて訳がわかりませんでした。(笑)
ただ、 わからないながらも「カウンセリングはマイナスからゼロへ」「コーチングはゼロからプラスへ」というイメージを持ちました。
一方で、何で分けるのかな?区別する必要あるのかな?という疑問が沸いてきたんです。
で、NLPはそのくくりがなかった。
手法としてどちらもできるということもありますが、人そのものを全体(ホリスティック)としてみることができるからですよね。
同時にNLPの中でもいろいろとあるということもわかりました。
古いタイプのNLPも新しいタイプのNLPも、また協会もいろいろ。
ただ、会社でご縁があった日本NLP学院に決めました。

学院の体験会に参加させていただいて、すぐに受講を決めましたが、コースの日程が、先に受講申込みをしていた嗅覚反応分析のスタートと同時期だったんです。
当初は嗅覚反応分析の受講のあとにNLPを、と考えていたので、同時にふたつを学ぶことに、時間的、経済的、体力的な不安もあり、かなり迷いました。
迷った末、NLPを先送りせず同時進行を選びましたが、結果的にとても良かったです。

高崎さん

高崎さん

NLPの成果はいかがでしたか?

最初は訳がわからない初めての感覚でした。
ハイパフォーマンスゲームをしたときの衝撃は忘れられないです。
頭がシャッフルされている感じで、捉われの無い感覚。
初めてじゃないですか、こんな感覚。
体感でも自分に何が起こっているのかがわからない。でも、何かが変わっている感じはありました。
体なのか、心なのか、何かが軽くなっているような感じでした。
離婚前のわたしは、何かツライことがあっても「プラス思考でいれば大丈夫」と自分に言い聞かせ、ツライという感情にふたをしてしまっていたので、我慢しているという自覚がありませんでした。
シングルになってからも弱音を吐いちゃいけないという想いが強すぎて、無意識に歯を食いしばっていたようです。
歯が痛くて歯医者さんに行ったら、歯を食いしばりすぎていることが痛みの原因で、このままでは歯が削れてしまうと言われました。

高崎さん

高崎さん

いわぶち

いわぶち

力んでいたんですね。

力んでましたね。ずっと交感神経MAXでやってきた感じですね。
それがハイパフォーマンスゲームをすることで、緩むことができたのだと思います。
また、ここに来ると、自分のことをテーマに話すのですが、最初は出てこなかったんですよね。
しばらく自分のことを話すということもありませんでしたし、自分が取り組むべき課題がわからなかったんです。
ワークをするにも出てこなくて困りました。
でもちょっとずつ自分のことについて話すという機会も、救いになったのだと思います。
自分を取り戻していったのでしょうね。私、こう感じていたんだって。

NLPベーシックコースが終わる頃、「私すっごい変わってる!」って感じたんです。
前後に何があったのかは覚えていないんですけど、既に凄く変わっている自分がいたんです。
私、先生に初めてお会いした時に自信がないって言ったんですよね。
そのとき先生から、「高崎さんの概念の自信って何ですか?」と訊かれて、面食らいました。
考えたことがなかったので、そういうことを。
「例えば、自分を信じていないということですか?」とも訊かれましたが、信じてないことはないかな、信じてなければ離婚して一人で生きていくって決意はできなかっただろうから…と思いました。
じゃあ、私にとっての自信って何だろうって、頭の片隅で考えながらも、しばらくわからないままでした。
それが気付いたら、自信がないという思いも、不安も、なくなっていたんです。
「私、大丈夫」って思えるようになっていました。

その後、NLPスタンダードコースに進み、学びを深めたことで、ベーシックコースで体感したことが腑に落ちていき、少しずつ自分のものになっていったのを感じていました。
ベーシックコースでワークをしているときに、大勢の前で研修講師をしているだけではなく、ひとりひとりと向き合っている自分のイメージが見えてきたんです。
そしてスタンダードコースの途中で、自分がやりたいことが明確になっていきました。

高崎さん

高崎さん

いわぶち

いわぶち

今後はどうしていきたいですか?

いまは、離婚で悩んでいる方の力になるために、開運ロジカルアロマセラピストとして、活動を始めています。
離婚は人生が変わる大きな問題ですが、繊細な問題でもあるため、ひとりで悩んでいる方が多いのが実情です。
ツラい最中は離婚がゴールのように思ってしまいがちですが、ゴールはその方ご自身のしあわせなんですよね。
離婚したいと思う気持ちの、奥にある意図をみつけ、本当のしあわせが離婚なのか、結婚生活を続けることなのか。
そしてその後の人生をどう歩いていくのか。
離婚問題を分岐点として捉え、おひとりおひとりが心から満足できる道へ進むための橋渡しをしたいと思っています。
人は心と体が密接に繋がっています。
開運ロジカルアロマセラピーのメソッドは、メンタルは主にNLP、フィジカルは主に嗅覚反応分析やアロマテラピーを使い、どちらからもアプローチをすることで不調や不幸体質をはねのけ、運を開いていきます。

NLPのスキルは、一生モノのスキルなので、貴重な物を得られたなーとつくづく思います。
タイミングって人それぞれあるのだと思いますけど、私にとって必要なタイミングだったと思っています。
お金が無いからできないというのは、選択しない言い訳って言ったら強い言い方になっちゃいますけど、なんだなーって過去の自分を見て思います。
以前の私は、お金を理由にいろいろ諦めていましたから。
実は最初に取得したアロマテラピーインストラクターは、ほとんどお金をかけずに取得できたのですが、トリートメント(マッサージ)を行うセラピストになるためには、かなりの金額がかかったので諦めました。
NLPを学ぶのと同じくらいの金額だったと思います。(笑)
それが離婚後の不安定な中、NLPと嗅覚反応分析を学んだのですから、自分でもびっくりです。

高崎さん

高崎さん

お母さんのケアも大切

いわぶち

いわぶち

高崎さんはシングルになって、子育てしながら、アロマとNLPの両方を学ばれてるのが凄いですね。
子供の教育費というのは大事ですが、お母さんのケアと学びに使うことで、家族にプラスになるということもありますからね。

そうですね。一所懸命子供のために尽くしても、お母さんが倒れたら、子供は悲しむだけでなく、自分を責めてしまう可能性もありますよね。
お母さん自身が自分をケアするというのは、自分のためだけでなく子供のためにもなることだと思います。
わたしも実際に自分をケアするために、思い切って投資したお蔭で、体調も戻り、体重もすっかり戻り(笑)、子どもたちもそれぞれの夢に向かって頑張ってくれています。

いまは、自分の人生をしっかり生きようって思っています。
それが、子供が子供の人生を生きるためのものにもなるのだと思いますから。

高崎さん

高崎さん

高崎さん、今日は貴重なお話をありがとうございました。

高崎さんによって、たくさんの人が最高に幸せな人生を手にすることを願っています。

NLPの体験講座はこちらでご案内しています。→NLP体験講座

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

いわぶち

いわぶち

超速カウンセラー

心理カウンセリング超速屋。早く楽に確実に癒したいがモットー。短期療法のカウンセリング歴10年。年間150日以上のNLPセミナーをこなす。福祉施設にて8年間精神疾患の方へセラピーを提供。専門はアダルトチルドレン、毒親育ちやトラウマ、HSPの解消。心理カウンセラー、コーチの育成にも取り組む。日本NLP学院学院長。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA